わいざんオンラインサロン詳細はこちら

わいざんオンラインサロン

最近DJわいざんを知った人は必見!あの完売したDJわいざんTシャツが追加販売されるらしい。

あの予定枚数100枚が、SNS中心に完売したという #DJわいざんTシャツ が追加販売されるらしい。ええ、今日はただそれだけのブログです。こういう記事も読んでくれる人は本当に嬉しいね。

おい!気づき系の記事しか読まないやつらよ!!オレも仙人じゃないんだからカスミ食って生きてるわけじゃねーんだよ!買えとは言わない。ただ、読むくらいは読んでくれよ!ぼくはメンタルがミジンコなんで、PV落ちたらすぐにブログ辞めると思います。そうなったら困る人はせめて読むように。ほんとお願いします。どうかお願いします。読者には頭が上がりません。どうか読めください。

 

DJわいざんの簡単なおさらい

Twitterを振り返ってみると、最初にDJわいざんTシャツが届いてSNSに投稿してくれたのは尾道の美容師ゴエモンが初の模様

2017年7月にクラウドファンディングで資金を集めてデビュー

最近ぼくを知って、DJわいざんの成り立ちを知らない人の為におさらいを。DJわいざんは2017年の7月にクラウドファンディングで集めた支援金で、機材や交通費などをまかないデビューしました。その時のクラウドファンディングがこちら。

わずか9日間という短期間で行われたこのクラウドファンディング。いやー当時もいろいろ叩かれましたね。コンサルタントがクラウドファンディングでDJをやるなんてふざけてる的な。誰にも迷惑かけてないのに不思議なものです。

□クラウドファンディングのページはこちらね
DJわいざんの初イベント『わいざん夕方』を入場料無料で開催したい!

わずか9日間で45人から148,000円を支援してもらうことができました。これは、単純に資金調達したというだけでなく、45人の人がぼくがDJをやるということを肯定してくれたということなんですね。

クラウドファンディングでデビューした真の狙い

今でこそ、フェスやお祭り。各地のライブハウスでパフォーマンスすることができてるけど、やっぱりやる前は怖かった。DJをやるのはいいけど、誰も相手にしてもらえず、ダダすべりしたらどうしよう?って。

そんなぼくにとって、クラウドファンディングに支援してくれた人は「わいざんがDJやるなら応援するよ!」って言ってもらってるようなもの。ものすごく心強かった。さらに、キャンプファイヤー(ぼくが使ったクラウドファンディングのサイト)のプラットフォームに乗せること、過程をSNSで発信することで、多くの人の目に触れる可能性を秘めてる。

クラウドファンディングはマーケティングツール

クラウドファンディングは立派なマーケティングツールだと思う。もちろん、これを通じて目の前の人や巻き込まれてくれた人を楽しませることが大事ですけどね。独りよがりなクラウドファンディングは達成しない。

実際に、このクラウドファンディングがDJダイノジさんの目に止まり、素人ながらいろんなステージに出させてもらった。ぼくがやったのは、努力ではなく勇気。そういうことだったんですね。このクラウドファンディングについて詳しく知りたい人はこちらの過去記事を参照してくれたら嬉しい。

クラウドファンディングを終えての報告と気づき

2017.07.14

 

リターンで用意したDJわいざんTシャツ

で、その時のリターンで用意したのがこのDJわいざんTシャツ。このクラウドファンディングでは21人の人がTシャツに支援してくれ、支援者の手元に届けることができたのが9月。

購入してくれた人たち

こんな感じでたくさんの人がSNSにも投稿してくれた。で、クラウドファンディングのリターン発送が終わった後は、SNSやライブ会場でグッズとして販売を地道にしていってたという流れです。

地道にコツコツ販売していきました

こんな感じでSNSで注文もらってコツコツと発送したり…

イベント出演時にライブハウスで販売したりと…

こんな感じで100枚が見事完売!これは嬉しかったですね。気分はすっかりアーティストですが、そこは今日はちょっとおいておこうかと思います。

染める用のDJわいざんTシャツ

で、実は100枚のうち10枚は染物用に、白地のDJわいざんTシャツを用意してたんですよ。白地の部分を染めると、プリント部分は色が入らないので、DJわいざんTシャツ染めバージョンができるわけです。

こんな感じのあかね染めだったり…

藍染だったりとね。

で、知らない人も多いと思うんだけど、実は藍染って冬はできないんですよね。水が冷たいから。なので、あったかくなる春を待って、先日残りの4枚の染物用のDJわいざんTシャツを藍染。

この3枚(1枚はプレゼント)が投稿後、即完売してDJわいざんTシャツ100枚は見事完売したわけです。いやーめでたしめでたし。


買ってくれた人がSNSへ投稿してくれるのも本当に嬉しい。お買い上げいただいた100名の皆様、あらためて本当にありがとうございます。

 

完売…!と思いきや追加販売します。正真正銘これがラストです!

そんなわけで、完売したDJわいざんTシャツですが、この度追加販売をすることに。これが正真正銘のラスト!お見逃しなきよう。

DJわいざんTシャツがほしいとの声がごく一部で続出

というのも、最近ぼくを知った人は、このDJわいざんTシャツの存在をしらなかったりして、ごくごく少数ながら「どうしてもほしい!」との声が上がってるんですよね。全くかわいい奴らめ。まぁなんせ備後国府祭りでとんでもないパフォーマンスしてますます人気も上がってしまったし、オンラインサロンも好調だし…その気持ちもわかるなぁと。

で、念のためまだ作れるのかな?ってDJわいざんグッズ関連のデザインやってもらってるエミーに相談すると…

版の保存期間がもうすぐ切れるとのこと!

なんと版の保存期間が9月14日で切れるらしい!新しいデザインのTシャツをリリースするのもいいかなぁと考えたりしたけど、なんせ大前提として今はDJわいざんは活動休止中なわけで、新しいのを作って売るってのも何か違うなと。

ここは、DJわいざんTシャツがほしいという、ファンの声にピンポイントで応える形をとろうと。そういうわけで、現行のデザインのまま追加販売をすることにしました。これで正真正銘、初代DJわいざんTシャツはラストですよ!

注文方法

注文概要はこんな感じ。このツイートにリプかDMで希望サイズとカラーを送ってくださいね。Twitterやってないって人は特別にメールでも受け付けます。下記メールに件名を「DJわいざんTシャツ希望」として送ってきてください。

オンラインサロンメンバーは特典として、藍染バージョンなら1,000円引きにします。オンラインサロンはお得だね!これは入った方がいいね!

わいざんオンラインサロン
https://yzan.jp/onlinesalon

 

もしかしたら超貴重なTシャツになるかもしれない!

活動停止のくせに、各地のフェスやお祭りを盛り上げまくってるDJわいざん。あ、活動休止ってのはガチで、パフォーマーのこな子が世界一周にいってるので、今年はDJは休止って決めてます。但し、こな子が出てやってもいいよって日本に帰ってきた時は出演するようにしてるというシステム。

いつかDJわいざんがもっともっとブレイクしたら、この初回モデルのTシャツは超プレミアムになるかもしれない!実際に、追加販売のツイートしてから、3時間でもう7枚注文入ってます。売り始めた頃はたまーに2枚とか入るくらいだったのに。感慨深い。

注文締め切りは8月15日です。

見逃さないようにね!では、今日はこのへんで。帰省中の実家からわいざんがお届けしました。

あ、ちなみにDJわいざんTシャツを着ると、こんなかっこいいパフォーマンスができるようになるかもしれませんよ。


☑ SNS発信力を鍛えるオンラインサロン
 入会受付中 (月額1,000円)

☑ わいざんに会いたい人は…
 出演情報 をチェック

☑ YouTubeチェンネル登録

☑ 初のLINEスタンプ発売中

☑ 公式LINE@で情報をお届け

☑ブログの感想はレターポットで


記事一覧

ABOUTこの記事をかいた人

横山文洋(yzan)

Yzan(わいざん)こと横山文洋です。広島県の過疎地に生まれ、その境遇から地方活性を理念に日々活動しております。中小企業や個人へのマーケティングアドバイスや、自身の考えや経験の講演活動など行ってます。行動の軸になるのはそれがおもしろいかどうか?伝える手段としてエンターテイメントを最重要視します。

DJわいざんの住まい

information

おすすめメニュー

●1対1でSNSをベースとしたコンサルティングを行います

「わいざん流・共感をつくるSNSマーケティング」
個人が情報を発信できるようになった事がマーケティングに及ぼした影響から発信の重要性をレクチャー。あなたが、あなただけの発信をし、やりたい事を叶える為の方法を1対1で徹底的に提案します。モチベーションアップや自己啓発にも有効。 企業の代表や個人事業主におすすめ。 《申込・詳細はこちら》
yzan思考がわかる動画

●thynk140「行動するあなたを肯定します」

「140秒で僕のいちばん大事にしてる事が伝わります」