わいざんオンラインサロン詳細はこちら

わいざんオンラインサロン

目の前のことを楽しめる人こそ変化を楽しめると思う!会社員こそSNSをやったほうがいい。

先日、楽天の後輩から連絡があってね。楽天賞を取ったから報告したかったという話だった。

楽天賞というのは、社内表彰制度で、楽天主義に基づいて高いパフォーマンスを発揮した人を表彰するというもの。グループ全体の表彰制度だから、ハードルは結構高い。新入社員が「まずは楽天賞をとる!」という目標を立てて、ほとんどがとれずに辞めていくというものでもある。

そんな名誉ある賞を、ぼくが在籍時に一緒にチームで働いてた後輩がとったというわけだ。それだけでも嬉しいのに、報告したかったと言われるとかなり嬉しいもの。思わずツイートしてしまったよね。

 

昨日、楽天時代の後輩から「6月の楽天賞とりました!横山さんには連絡したくて!」って連絡がきました。退職した後もこんな風に言ってくれるのは嬉しいね。ほんと。なかなかとれるもんじゃないから嬉しいよ。おめでとう!でも #オレクラス になると3回も受賞してるけどな。いい話ではなく自慢話です。

ええ、そんなぼくは在籍時に3回も受賞してますよっていう自慢話でした。ツイートだけでは飽き足らないのでブログにも残しておこうかと。そういう話です。

 

今、目の前のことを楽しめる人こそ、変化も楽しめる

ぼくはよく、変化が大事だとか、個人の時代だとか言ってるけど、それは会社員を否定してるということではない。あくまで、自分が今フリーランスとして生きているから、それに合わせて自分のケースを話しているだけなんです。

現状をプラスに変える工夫をしよう

色々な人の話を聞いてると、会社員が嫌でフリーランスになるって人がたまにいます。もちろん、それぞれの人生だから自分で選択すればいい。だけど、ぼくの経験上、せっかくなら今の現状を自分にとってプラスに変える工夫をすることにまずは目を向けた方がいいと思う。

独立して個人で働くって、華々しく見えるかもしれないけど、そんな甘いもんじゃない。いや、厳しいから無理だよって言うつもりはなく、ぼくが曲がりなりにも独立してやっていけてるのは、間違いなく会社員時代の経験が大きいなって思うわけです。

いずれ何かをやるとしても、今目の前にある現状をプラスに捉えておいて損はないということです。

会社員時代は会社員時代で楽しかった

独立の相談をされる時に、会社員が嫌で嫌で仕方ないという人がいるんだけど、聞いてると大体グチっぽいなって人が多い。そもそも会社ってのは、組織なわけだから、自分ひとりで自由にできないことは多い。それは仕組み上当たり前のことだと思う。

ぼくはそれはそれで割と好きだったんですけどね。その制限の中で、自分には何をできるか考えるのが好きだったし、楽しかった。

通例ではできないって言われてたことも、意外と本気で取り組んでみたらそんなことないケースが多く、工夫しながら自分らしくやるのが好きだったんですね。

例えば、ドラッグストア時代は店長はこの日は絶対休んだらダメっていう無言の圧力があったりしたけど、それは単に自分の代わりを育ててないだけなんじゃないのか?って話だったり。

いや、育てる時間なんてないんですよって言う人がいれば、その時間を作る為に今あるジョブの中で無駄な物とか、減らせるものはないか考えて時間を作ってみたり。

制限があるっておもしろいと思いますけどね~ぼくは。できないって言われれば言われるほど燃えるタイプです。さらに、それが楽しいんですよね。目の前のことを楽しむって本当に大事だと思う。

変化は自然におとずれる

そんな風に目の前のことを楽しんでたら、実績も上がってきて、自然にお客さんからの信頼も集まる。とにかくお客さんと会社の利益を一致させる為に働いてましたからね。

これ、どっちか一方だけではダメだと思うんです。そこを一致させるのが最高におもしろい。そう考えてやると会社っておもしろいと思うけどな。

お客さんからの信頼が貯まっていけば、感覚的に独立してもやっていけるんじゃないかって手ごたえが出てくる。そんなゆるやかな感じでぼくは独立しました。ある日突然、ドラマチックに決めたわけではないです。

目の前のことを大事にせずに、ただ変化をすることが目的になってしまった場合は、なかなかそれに伴う信頼はついてきてないケースが多いですよね。せっかくの時間を過ごしてるんだから、今いる場所は大切にしてほしいなって思う。

誤解されがちだけど、ぼくは会社員時代も仕事がめちゃめちゃ楽しかった。制限が多い分、工夫さえすれば突き抜けれるし、人との関わりも一定数あるし。結局のところ、今を楽しめることが大事で、そんな人こそ変化も楽しめるのではないでしょうか。#yzan思考

こういうことね。これってスゲー大事なことだと思うなぁ。

 

会社員でありながらSNSを楽しむのが最強だと思う

そんなぼくが羨ましいと思うのが会社員でSNSを楽しんでる人たち。

ぼくの周りにはたくさんいます。それがめちゃめちゃいいなぁっていつも見てて思う。仕事はきっちりこなして、空いた時間でSNSでいろんな価値観を取り入れていく。これ、ぼくが会社員の頃はできなかったことなんですよね。

会社員のSNSはマネタイズを考えなくてよい

すごく有利なのは、マネタイズを考えなくていいってのが羨ましい(笑)

やっぱりフリーで働いてると、時間 = 収入って側面(あくまで側面ね)があるから、やっぱりどこに時間を使うかは結構シビアに考える。申し訳ないけど、全員を相手にすることはできないわけです。

SNSは楽しむのが大事です。でも、目の前のお金に困ってたらSNSは二の次になる。というか二の次になってほしい。そんなことやってる場合じゃない。だからこそ、給料という形で収入を確保しながら、SNSを純粋に楽しめる形って最強じゃん!って思うわけだ。

全員が挑戦しなくてもよい

今は時代の変革期だから、入ってくる情報には過激なものも多いと思う。

AIが発達して仕事が奪われる!とかそんな感じの。確かにその側面はあると思うけど、それと会社員でいることは実はあんまり関係ないんじゃないかと思う。

この問題の本質は、いかに人間らしさを高められるか?であり、AIにはできない許され力だったり、愛嬌だったりが重要になってくると思う。それって、独立したらつくというわけではないですよね。

目の前のことをしっかりやって、空いている時間を自分らしく楽しんでて、明るい人ってめちゃ愛されそうじゃないですか。少なくともぼくはそういう人たちをたくさん知ってます。

そして、そういう人たちはタイミングが来たら間違いなく個人としても成功すると思う。挑戦してない自分はダメなんじゃないか?とか思わなくていい。挑戦ってのは派手なものばかりでなく、地道な物もある。そういうことに時間を使ってる人は強いと思う。

 

オンラインサロンに会社員2.0部を作りたい

もうすぐ100人になるぼくのオンラインサロン。会社員もたくさん在籍してくれてます。

最近思うのが、会社員が会社員として仕事をしながら、空き時間で楽しめる会社員部みたいなのを作れないかなぁって思う。

会社員ならではの悩みを相談しあってもいいし、もしかしたら仕事に発展したりすることがあったら最高。

何よりも、会社員としてのSNSの楽しみ方をうまくやってる人から教えてほしい。この記事を読んだぼくのサロンメンバーでやってくれる人いたら連絡くださいませ。

2108.7.28 新規入会してやりたいという方が現れました。わいざんオンラインサロン会社員2.0部発足してます。会社員を盛り上げていこう!

目の前のことを楽しみながら、変化に備えれる人をもっと増やしていきたいです。

オンラインサロンはこちら
https://yzan.jp/onlinesalon

 

あ、命にかかわるようなブラック企業で働いてたり、死ぬほど自分に合わなくて我慢してる人がいたら逃げるように辞めることをおススメします!!!そこは例外だからね。

行動している人を見て劣等感を感じてしまう人へ

2017.12.04

☑ SNS発信力を鍛えるオンラインサロン
 入会受付中 (月額1,000円)

☑ わいざんに会いたい人は…
 出演情報 をチェック

☑ YouTubeチェンネル登録

☑ 初のLINEスタンプ発売中

☑ 公式LINE@で情報をお届け

☑ブログの感想はレターポットで


記事一覧

ABOUTこの記事をかいた人

横山文洋(yzan)

Yzan(わいざん)こと横山文洋です。広島県の過疎地に生まれ、その境遇から地方活性を理念に日々活動しております。中小企業や個人へのマーケティングアドバイスや、自身の考えや経験の講演活動など行ってます。行動の軸になるのはそれがおもしろいかどうか?伝える手段としてエンターテイメントを最重要視します。

DJわいざんの住まい

information

おすすめメニュー

●1対1でSNSをベースとしたコンサルティングを行います

「わいざん流・共感をつくるSNSマーケティング」
個人が情報を発信できるようになった事がマーケティングに及ぼした影響から発信の重要性をレクチャー。あなたが、あなただけの発信をし、やりたい事を叶える為の方法を1対1で徹底的に提案します。モチベーションアップや自己啓発にも有効。 企業の代表や個人事業主におすすめ。 《申込・詳細はこちら》
yzan思考がわかる動画

●thynk140「行動するあなたを肯定します」

「140秒で僕のいちばん大事にしてる事が伝わります」