わいざんオンラインサロン詳細はこちら

わいざんオンラインサロン

壊れたヴィッツの事を思うと無性に寂しくなってきた

現在、深夜一時半。

仕事を終えて、そろそろ寝ようかなって思った時、ふと痛烈に寂しくなった。

2017年6月28日。

前日の27日に、正確には覚えてないけど、多分11年くらい乗ったヴィッツが壊れてしまった。

 

壊れた時の状況を簡単に

この日、広島県北部の庄原市にある猫山スキー場へコンサルの仕事で向かってた。

中国自動車道を順調に北へ向かって走ってる時、急に違和感があった。

なんだか、アクセルが一瞬重くなったような。

しばらくして、異音がしてきた。

ちょっと前から、エンジンをかけた時にキュルキュルと音がなるようになってて、ちょっと不安ではあったんだけど、それとはまた違う音。

あ、これはまずいなって思った僕は、すぐにパーキングエリアに入った。

そして、停車したと同時にエンジンはかからなくなった。

 

「あーついに壊れたかー」

 

正直なところ、このくらいしか思わなかった。

なので、まずはお客さんに電話して、車のトラブルで行けなくなった旨をお詫びして、保険会社のロードサービスに電話した。

 

この時は、まだ心のどこかでちょっと何かしたら直るんじゃないかなって思ってたりした。

 

とりあえずSNSに投稿しようと思って、一枚の写真を撮った。

「悲しいね」がついたら嫌だなぁって思ってたから、ふつーに笑顔の写真を撮った。

実際、そんなに落ち込んでもなければ、パーキングがあってラッキーだったなぁって思ってた。

 

トリプルキャット

ロードサービスの人に見てもらっても、車は動きそうもなかったので、レッカーする事に。

レッカー車に乗っていくヴィッツがなんだかかわいかった。

 

こんな感じで、10分ちょっとくらいで乗った。

業者の人も気さくな人で、いろいろ話しながら広島市内に戻った。

 

タバコを吸う人だったけど、タバコって吸いますか?って聞いてくれて、吸わない人の前では吸いませんよ!

って言ってくれて、遠慮してくれた。ありがたい。

 

Facebookの投稿を見て、以前コンサルでお世話になった広島の畳屋の猫本さんから電話がかかってきた。

どうやら、心配してくれたらしい。

いつもお世話になってる車屋さんが休みだと伝えると、猫本さんがお世話になってるらしい車屋さんを紹介してくれた。

その名も猫島自動車という車屋さんだった。

 

山スキー場に向かってたら車が故障して、本さんから島自動車を紹介してもらった。

 

まさかのトリプルキャットだなぁとか、のんびりそんな事を考えてた。

 

エンジンの故障

広島に戻ってきて、猫島自動車に車を持っていった。

そこで、故障の原因を見てもらう事になった。

すぐにはわからないらしく、一旦帰って後ほど電話してもらう事になった。

 

家に帰ってしばらくして、電話がかかってきた。

 

エンジンが壊れてしまったらしい。

16万キロ走ってて、ろくにメンテナンスもしてなかったから、まぁ仕方ないか。

 

Facebookのコメントに、こんな言葉をいただいてた。

 

何事もなくてなによりですが、命を預ける道具としてちゃんと管理してください!
ワイザン自身も、周りの人も不幸にするかもしれんのです。

 

命を預ける道具。

確かに仰る通り。恥ずかしながら、安全運転は心がけてたつもりだけど、壊れるタイミングによっては危険があるんだなって事を改めて思った。

車って本当に興味が無くて、その辺の意識が薄かった。

だけど、興味が無いで済む話じゃないんだなって本当に強く思った。

 

エンジンの故障という事で、中古のエンジンを乗せ換えると15万くらいかかるとの事。

15万かぁ…もうだいぶ古いし、新しい車買った方がいいかなぁと悩んで、ビジネスパートナーのぽこみちに相談した。

 

いろいろ悩んだけど、買い替えた方がいいかなって話になって、ヴィッツとはお別れかぁって思った。

 

ありがとうヴィッツ

その後は、いろいろ仕事してて、今の時間になった。

そろそろ寝ようかなーと思った時、ふと、ヴィッツの事を思い出した。

 

そして、なんだか無性に寂しい気持ちになった。

 

そして、色んなことを思い出してきた。

いつ買ったのか正確に覚えてないくせに、古い記憶から順々に思い出してきた。

 

 

ドラッグストア時代に仲良かった後輩が店長になって、発注ミスで在庫を大量に抱えてしまった時に、このヴィッツで取りに行ったこと。

 

そのドラッグストアを辞める直前にひんしゅくをかいながらも取得したリフレッシュ休暇で、親友と佐賀に行ったこと。

 

無職になったのを良いことに、鹿児島までしばらく遊びに行ったこと。

 

ベルシステム入社後、大阪に転勤になったので、毎週広島に帰る為に広島・大阪間をほぼ毎週往復してたこと。

 

楽天トラベルの時に、後輩と伊勢神宮や石川県に旅行で行ったこと。そしてその同乗した後輩は、僕が運転してる横でずっとYouTubeをみてたこと。

 

 

他にも、いろんなところへ連れてってもらった。

それなのに、全然大事にしてこなかった。

 

ガス欠も5回くらいしたし、短パン社長の愛媛セミナーへ行く時、しまなみ海道の橋の上で止まってしまった事もあった。

エンジンオイルを5万キロ変えずに走ってしまって、ガソリンスタンドの店員さんにハンパない驚きをされたこともあった。

 

ちょっと、車に対して感謝が無さすぎた。

 

なんだか、猛烈に申し訳ない気持ちになってきた。

そして寂しい。

いや、自分が悪いんだけど、文句ひとつ言わずに走ってくれたヴィッツに申し訳がなさすぎる。

 

娘のひよりんに、車が壊れた事を言うと…

 

「お父さんの車かっこいいのに~またおんなじの買ってね!」

 

って言ってた。

ヴィッツ、確かに買った時はかっこいいなぁって思ってた。

いつの間にか当たり前になって、モノへの感謝がなくなっていた。

 

でも、黒は男の子の色だから嫌いらしい。

おなじのだけど、白かピンクにしてくれって言われた。

そこはさすがひよりんだと思う。

 

最後に

なんだか寂しくなって、思うがままにつらつらと書いてしまった。

正直、書きながら自分が最低の人間に思えてきた。

 

モノへの感謝も、車に対する意識も。

 

未だかつてないほど反省してる。

目の前の人を大切にするのも大事だけど、目の前のモノも大事にしないでどうすんだと。

 

そして、車は命を預けるものだって事を。

安全運転をしてればいいってわけじゃないって事がよくわかった。

 

僕は意外と物持ちはよくて、ひとつのモノを長く使うようにはしてる。

でも、車だけは昔から興味がわかなくて、何でもいいって感じだった。

 

それは正直、今も変わらないんだけど、興味ないから大事にしないってのはないなって思った。

 

独立して、先祖参りを始めて、毎月ご先祖様への感謝を伝えるようになった。

2016年3月から始めて、毎月欠かさずできてるので1年3カ月になる。

 

やり始めてよかったと思ってます。

次はモノへの感謝についてもしっかり意識する必要があるなって思いました。

 

ヴィッツを修理するのか、新しい車を買うかはわからないけど、感謝の気持ちを持って使おうと決めました。

そしてありがとう、ヴィッツ。

大きな事故無く、11年間いろんな所に運んでくれてありがとう。

 

とりとめのないブログでしたが、最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 


☑ SNS発信力を鍛えるオンラインサロン
 入会受付中 (月額1,000円)

☑ わいざんに会いたい人は…
 出演情報 をチェック

☑ YouTubeチェンネル登録

☑ 初のLINEスタンプ発売中

☑ 公式LINE@で情報をお届け

☑ブログの感想はレターポットで


記事一覧

ABOUTこの記事をかいた人

横山文洋(yzan)

Yzan(わいざん)こと横山文洋です。広島県の過疎地に生まれ、その境遇から地方活性を理念に日々活動しております。中小企業や個人へのマーケティングアドバイスや、自身の考えや経験の講演活動など行ってます。行動の軸になるのはそれがおもしろいかどうか?伝える手段としてエンターテイメントを最重要視します。

DJわいざんの住まい

information

おすすめメニュー

●1対1でSNSをベースとしたコンサルティングを行います

「わいざん流・共感をつくるSNSマーケティング」
個人が情報を発信できるようになった事がマーケティングに及ぼした影響から発信の重要性をレクチャー。あなたが、あなただけの発信をし、やりたい事を叶える為の方法を1対1で徹底的に提案します。モチベーションアップや自己啓発にも有効。 企業の代表や個人事業主におすすめ。 《申込・詳細はこちら》
yzan思考がわかる動画

●thynk140「行動するあなたを肯定します」

「140秒で僕のいちばん大事にしてる事が伝わります」