こんばんは。DJわいざん(@yzan_travel)です。

知ってる人はもうご存知かと思いますが、来年の1月21日(日)に広島最高峰のライブハウスである、広島クラブクアトロに出演します。DJダイノジさんのジャイアンナイトに出ます。

クアトロのキャパは800人。ここをどれだけ埋めれるか…10月に出演が決まって、この事ばかり考えてます。

現時点で、僕に800人はおろか、100人だって動員する力はないです。だけど、日々この足りない差分に対して頭を悩ませる事でいろんな事が見えてきます。

 

社会性とエゴ

活動を世の中に浸透させるには、社会性とエゴが必要と言います。これがどちらかだけになってもバランスを欠く。

僕にとってDJをやる事の社会性とは何か?

このどこか閉塞感ある時代に、SNSで自分を発信すれば誰でも好きなことをやれるって事を証明して、みんなの勇気になりたい為です。

僕にとってDJをやる事のエゴとは何か?

好きな音楽を仕事にするのがとにかく楽しい!夢はディズニーのエレクトリカルパレードに勝つエンタメになりたい!

 

この目標はホームレス小谷さんが授けてくれました。小谷さん、いつもありがとうございます!なんか顔長いな!!!

こんな感じです。これをしっかりと伝えていこうと考えました。これを伝え続けるとどうなるのか。

 

人に助けてもらう為に

僕に必要なのは、人に助けてもらう事。

自分ひとりの力なんかたかが知れてる。そこをカバーしてくれるのは人の助けを借りる事です。

人の力を借りるには、自分も人の力になる事。そして、前述した社会性とエゴを伝えることが大事だということです。

クアトロでのライブをみんなに助けてもらう為、日々の発信にDJをやる社会性と自分のエゴをしっかりと書くようにしました。

 

助けてくれる人が現れてきた

その結果、先ほどfacebookにてこんな投稿が。

 

1月21日に広島一緒に行きませんか?DJはポンコツだけど、大切なものを教えてくれたラクダ似の人に会いに行きます。カキ食いたいだけの人でもいいですし。バス🚌借りていく案が有力です。

なんとバスを出す企画を考えてくれると。関西方面の人!バスが出ますのでみんなまとめて来て下さい!!!

 

いやー夢だったんですよね。自分のイベントにバスツアーが出るとか。なんかもう感激でしかない。

希望者は連絡はこちらに→中尾さんTwitter

このバスツアーだけでなく、チケットを自ら手売りしてくれてる仲間もたくさん出てきてます。

 

いちばん初めに手売りチケットとして2枚買ってくれたワカ。

 

前回の9/25cave-beで13枚買ったけど全く売れなくて、ほぼ全てオレが売る事になったのにまた買うぽこみち。

 

ハンフリー塾のしょうくん。これはちょっとまた別ブログに書きたい。ギブ&テイクはギブが先という事で10枚も買ってくれて手売りしてくれてます。しかも売れてるという!ありがとう!!

 

そしてファンクラブ会長のくっすん。いつもありがとう!当日も頼むね!来いよ。

 

そしてパフォーマーのこなこな子。なんだかんだで協力してくれます。ありがとう!

 

そして大阪のデビューからずっと足を運んでくれてるおーえむ。古参とかウケるね。ありがとう!

 

みんなで作っていきたい

このチケット売ってくれてる人のフォロー体制も作っていきたいな。それにしてもこんなにみんなに協力してもらえる事なんてなかったなぁ。本当に嬉しい。またブログにもしっかり書きます。ありがとう!

全員が動いて作ってくれてるDJわいざんのクアトロイベントの詳細はこちらです。

【1/21】DJわいざんクアトロ出演をみんなで作りあげよう!

 

みんなで作りましょう。なぜなら、みんなで作った方が当日自分ごととして盛り上がれるから。

お客さんが自らチケットを売ってくれて、自分ごとにしてくれる。

僕が去年、ホームレス小谷さんが主催する天才万博で夢見た世界にちょっとづつだけど近づいてます。

こっから必要なのは、現時点で接点がない人をどう巻き込んでいけるかになってくるんだろうな。今は、僕のエゴに共感して動いてくれてる人が多い。ここから爆発できるかは社会性をどれだけ伝えれるかにかかってくると思う。

 

スタートは自分のエゴを大事にしていいと思う。その方が自分の持ってる力を最大限に発揮できるだろうから。

楽しい事をとにかく追及する。そのうち、自分が満たされてくるから、そのタイミングで社会性や他者への影響を考えると大きく人を巻き込んでいけると考えています。

 

いつでも仲間に入ってきて下さい。僕はDJを通じて、多くの人をつないで、それぞれがやりたいことをできるように後押ししたいです。

【1/21】DJわいざんクアトロ出演をみんなで作りあげよう!

引き続きがんばろう。みんなありがとう。