わいざんオンラインサロン詳細はこちら

わいざんオンラインサロン

【結果発表】わいざん作のLINEスタンプを使ったフォトコンテストをやってみた

どうも。あの激戦と言われるLINEスタンプ販売市場において、新人ながら新着クリエイターランキングで5位まで登りつめてしまったイラストレーターのわいざんです。

ブログには書いてなかったので、知らない人もいるかもしれませんが、実は先日オリジナルLINEスタンプを販売しました。

 

販売開始から24時間表示されるLINEスタンプの新着ランキング。クリエイターズ部門で5位に入りました。

それが新着クリエイターズスタンプランキングで5位までいったんですね。新しく発売されたクリエイターズスタンプの中で5番目に売れたという事です。見ての通り、ぽんこつオールスターズという、まぁお世辞にも上手くない…ヘタウマですらないです。下手です。ただの下手。

わいざんオリジナルLINEスタンプ『ぽんこつオールスターズ』

 

初のオリジナルLINEスタンプながら販売は好調!

最終的にクリエイターズスタンプの総合ランキングではなんと287位。販売総数が130万個を超えるこの市場で、デビュー作ながら強烈なインパクトを残せました。

クリエイターズスタンプ総合ランキングで287位

さらにはシュール部門では42位を記録。絵を描くのが何より苦手だったぼくからすると快挙です、快挙。ハンパない。

シュール部門では42位を記録

おかげさまで晴れてイラストレーターになったわけです。まぁオンラインサロンのメンバーを中心にみんなが協力してくれたおかげなんですけどね。それにしてもすごい。

ふざけた絵柄ですが、販売にあたってめちゃめちゃリサーチとか努力したのは紛れもない事実。オンラインサロンで、どんな状況でLINEスタンプを使うかのシーンを調べたり、使用頻度が高い「おはよう」とか「了解」みたいなのは極力排除し、さらにはSNSをあまり使わない層にも、直接会って「このスタンプはどう?」「これは使いやすい?」と地道にヒアリングを重ね、厳選して選んだ40種類でリリースしたということです。

 

そんなぽんこつオールスターズですが、LINE上ではもちろん人気の模様ですが、実はTwitter上でも極々一部で人気。

 

こんな感じでそれぞれ工夫して楽しんでくれてる。さすがぼくのTwitter仲間たち。やっぱりTwitterは楽しむのが大事だからね。ネタを見つけたらどんどんイジってくれるその姿勢が大好きです。

 

#ぽんこつフォト コンテストを開催してみた

というわけで、これはこのままみんなが楽しんでくれたらLINEスタンプのプロモーションになる…コミュニケーションが生まれるきっかけになると思い、ぽんこつフォトコンテストを開催することにしました。

というわけで、本日はようやく結果発表ということで気に入った作品をブログにて発表します!たくさんの応募ありがとう!みんな暇人やな!!

 

わいざんオリジナルLINEスタンプ発売記念|#ぽんこつフォト コンテスト結果発表

というわけでお待たせしましたが結果発表。完全なる僕の独断と偏見で選んでます。というか、想像以上に投稿が多くて選ぶの大変だった!嬉しい悲鳴とはこのことやで!ではいきます。各部門を適当につけてみたので選ばれた人は特に何もないけど喜んで、第二弾の販売も先陣きって応援してね。

シュール部門

まずはじわじわと笑えてしまうシュール部門。そこに使うのかよ!というギャップが楽しめる作品たち。

第3位

人活(ひとかつ)さん作の著名人とコラボ作品。大物著名人たちにサラリと紛れ込むぽんこつ達がなんともシュール!

 

第2位

すみへいの作品。何万年も前からいたのかよ!と思わずツッコみたくなる壁画風!発掘した遺跡にぽんこつ達がいたらぼくは盗作の疑いがかかるんですかね…

 

第1位

シュール部門第1位はフローレン!パワースポット的な神聖な場所で不謹慎に笑うぽんこつ達がなんともシュールで笑えました。

 

これはうまい!技あり!部門

ぽんこつ達のセリフと自分の投稿をうまくリンクさせた「これはうまい!」と思わず言ってしまう技ありな作品たち。

 

第3位

ゆかりんの「な?涙ふけよ」を使った作品。目の前で無情にも発車する電車を見た瞬間に浮かんで写真を撮ったところが高ポイントです。

 

第2位

しなやんの「知らんがな」を使った作品。まぁほんとに知らんがなな投稿なんだけど、ぽんこつくんを画面左に大胆にどーんと配置した構図がなんともうまい。

 

第1位

くっすんの「知らんがな」投稿作品。動画だったので #ぽんこつフォト の定義にはまるかどうか…賛否を起こしそうな作品ですが、やっぱりここなんですよ、知らんがなを使うべきところは…さすが誰よりも知らんがなと言われてるだけのことはある。知り尽くしてる。

 

GIF動画部門

結構多かったのがGIF動画による作品たち。ここはもうひとつの部門として評価させていただきました。

 

第3位

ヒラの作品。これ、たまらなく好きです。GIFの使い方うまいなー。神々しい感じがするし、たくさんの人がこのぽんこつ神に向かって「今日もありがとうございました」と祈りを告げたことでしょう。

 

第2位

くっすんの作品。ワールドカップという時事ネタとリンクさせて、しかもこの発想。完全にフィールドのファンタジスタ。正直、GIF部門ではこれが1位でもおかしくありませんでした。見事な作品。

 

第1位

くっすんの渾身の作品を抑えて、GIF部門の1位にかがやいたのはこちら。人活(ひとかつ)さんのパックマン風。正直ノスタルジーを感じずにはいられなかったのと、我ながら世界観にドハマりしてたのに驚いた。見事としか言いようがない作品。

 

予想のナナメ上部門

ちょっとこれは予想できんかったわ!発想がすごいな!という作品を選びました。予想のナナメ上をいく使い方!

 

第3位

人活(ひとかつ)さんによるウォーリーを探すな!コラボさせたら完全にこの人の右に出るものはない。めっちゃ目が疲れました(笑)

 

第2位

ヒラの作品。なんとZOZOスーツとコラボ!しかもこれ、#ぽんこつフォト コンテストの全体の一作品目なんですよね。完全にハードル上げてくれました。すごいな!

 

第1位

えーと…戦うな!!!以上。

 

最多いいね獲得部門

Twitter上でのコンテストということで、いいねを多く獲得した作品を選びました。普段のコミュニケーションのたまものでもありますね。※同一人物の重複受賞は除外しました

 

第3位

プルプルのヒデさん。83いいね獲得!おめでとう!

 

第2位

ナスケン!84票獲得!Twitter歴は短いのにすごいな!

 

第1位

1位はダントツでなっき!108いいね!他の投稿もかなりのいいねを獲得してました。アカウントについてる信用がすごいな!

 

わいざんお気に入り部門

さぁ、いよいよラストの部門。わいざんお気に入り部門です。なんといってもぼくが気に入ってる作品になります。

 

第3位

またしても人活(ひとかつ)さん。期間中を通して盛り上げ続けてくれ、さらには作品も秀逸。紛れもなくMVPです。コーヒーは飲めないけど、これかなり気に入りました。誰か実際にラテアートやってくれ。

 

第2位

第2位はヒラ!これもめっちゃ好き。こんなスリッポンあったら是非履きたいわ!まるで本当に売ってるかのような見事なクオリティ。ちょっとがんばって作ってみようかな~。

 

第1位

第1位はこれ!TALさんのレコード風!これは音楽好きにはたまらない!DJとしてレコ屋でディグってる時にこんなの掘り当てたら即買いだわ。めっちゃ好きな作品です!お見事!!

 

フォトコンテストまとめ

いかがだってでしょうか?他にもたくさんの秀逸な作品があったり、初めて投稿してくれた人がいたりと、本当は全部拾いたかったんですけど、各テーマを設けて、心を鬼にしてシビアに選びました。受賞作品のクオリティハンパないと思います。

みんな発想がすごいなー。でも、こういう一見何の得にもならないようなことを楽しむ姿勢ってTwitterではすごく大事。遠巻きに見てるのか、実際に入ってやってみるのかでは得られるものが全く違う。楽しんでくれた皆さんに本当に感謝です。第2回があるのかどうかはわかりませんが、これからもLINEスタンプの販売はかなりの力を入れてやっていこうと思ってるので引き続きぽんこつ達を頼みますね。

 

番外編としてこれもかなり好きやわ!!!感動のシーンをイジってんじゃねーぞ!!

 

◇わいざん初のLINEスタンプぽんこつオールスターズ
購入はコチラ


☑ SNS発信力を鍛えるオンラインサロン
 入会受付中 (月額1,000円)

☑ わいざんに会いたい人は…
 出演情報 をチェック

☑ YouTubeチェンネル登録

☑ 初のLINEスタンプ発売中

☑ 公式LINE@で情報をお届け

☑ブログの感想はレターポットで


記事一覧

ABOUTこの記事をかいた人

横山文洋(yzan)

Yzan(わいざん)こと横山文洋です。広島県の過疎地に生まれ、その境遇から地方活性を理念に日々活動しております。中小企業や個人へのマーケティングアドバイスや、自身の考えや経験の講演活動など行ってます。行動の軸になるのはそれがおもしろいかどうか?伝える手段としてエンターテイメントを最重要視します。

DJわいざんの住まい

information

おすすめメニュー

●1対1でSNSをベースとしたコンサルティングを行います

「わいざん流・共感をつくるSNSマーケティング」
個人が情報を発信できるようになった事がマーケティングに及ぼした影響から発信の重要性をレクチャー。あなたが、あなただけの発信をし、やりたい事を叶える為の方法を1対1で徹底的に提案します。モチベーションアップや自己啓発にも有効。 企業の代表や個人事業主におすすめ。 《申込・詳細はこちら》
yzan思考がわかる動画

●thynk140「行動するあなたを肯定します」

「140秒で僕のいちばん大事にしてる事が伝わります」