SNSで影響力があれば、あなたのビジネスは間違いなくうまくいきます。

人生が輝きます。

 

では、影響力を持つには、どうしたらいいでしょうか?

 

それは、相手に喜んでもらう事だと僕はセミナーやコンサルで伝えてます。

 

すると、「それは誰にでもできる事じゃないですよね?」と、限られた人にしかできない事と捉えられる事が多くあります。

その度に、誰にでもできる事なんですよ、と言ってるんだけどあまりに多いのでもうブログに書いてしまおう。

本当に誰でもできる、簡単な事なんです。

 

相手に喜んでもらうという事

本当に難しい事ではありません。

僕は、たまたまコンサルティングの仕事をしてるので、自分の考えをSNSで発信します。

それに共感してもらい、「気づきをもらえました!」って言ってもらえる事が多くあるのですが、そういう事をしてね!って言ってるわけではないのです。

 

誰も知らなかった難しい事や、役に立つことをやってね!って言ってるわけではないのです。

 

相手に喜んでもらえるという事はもっとシンプル。

 

例えば、朝から見た人が清々しい気分になるような「あいさつ」の投稿をしたり…

 

それに、相手の名前を呼びかける形で返事したり…

SNSで名前を呼んでもらえたら結構嬉しいものです。

 

誰かが、アンケートをしてたら、それに回答してリツイートして広めたり…

アンケートって、「反応を下さいね!」って言ってるようなものだから、割と勇気いるもんなんですよ。

誰も反応なかったらどうしよう?って。

それに、回答してリツイートしてもらったりすると、本当に嬉しいものなんです。

 

なんでもない日常の投稿に、反応して引用リツイートしてみたり…

共感してもらうと、人は嬉しいものです。

 

いいなぁと思った投稿があったら、リツイートして自分のフォロワーさんに伝えてみたり…

読んでても、反応しないと相手には伝わらないし、いいものは共有した方がよい時代です。

囲い込んだり、自分だけの情報にしようとしても、このインターネット社会では不可能です。

だったら、自分のいいと思ったものは、積極的に知らせてあげましょう。

例え、それが競合の情報でもそうです。

 

こんな風に、同業種を同じエリアを盛り上げる運命共同体として考えているお宿さんの方が、見ていて好ましいし、発展性もありますよね。

 

ふつーに自分の仕事の状況や気持ちを伝えてみたり…

これは、同業者の人からインカメしてる姿を見られてたって事なのかな?

発信してる人なら、誰もが味わった事がある経験なので、共感してくれる人は多いでしょうね。

 

業界の豆知識をお客さん目線で伝えてみたり…

その世界にいる人には当たり前の事でも、知らない人が見たら「なるほど~」って思う事も多いんですよね。

 

 

大事なのは楽しむ事

なんとなく伝わったでしょうか?

相手に喜んでもらうという事は、「限られた人ができる、難しい何か」ではないという事を。

 

そして、大事なのは継続する事です。

継続するという事は、これが楽しくなくては意味がない。

 

前述した例を、見せかけのテクニックや、見返りを求めてやるのではなく、楽しんでできる事です。

 

たまーに、相手の投稿にいいねは押さないとか、コメントとかしないって人がいます。

そんなので、集客するなんてちょっと違うんじゃないの?っていう人がいます。

 

それは、自分が何かをする時に相手に見返りを求めてるからそう思うんです。

 

SNSで影響力がある人は、誰もがこういうコミュニケーションを楽しんでやってます。

自分らしくやってます。無理してやってるわけではない。だから継続できる。

誰もテクニックだなんて思ってないんです。

 

僕は、リアルで営業している時から、相手の話はよく聞くし、会う前にお客さんの事をしっかり調べます。

それが、SNSだと簡単に、相互でできてしまうってところがすごく魅力的。

 

これが、見返りを求めてでしか行動しない人には、テクニックに見えちゃうんだろうな。

 

もちろん、やり方はひとつではないので、僕の言ってる事がすべてではありません。

クオリティを高めて、自分にしかない発信をして、相手の為になるって事もできるでしょう。

 

でもね、申し訳ないけど今の成熟した日本にそんなものない。

自分だけが扱ってるものなんてない。

 

誰もが拘ってるし、大義名分を持ってやっています。

そんな中で、自分だけが特別だと思う事は競合を侮り過ぎている。

 

拘ってるのは当たり前で、その上で知ってもらうには工夫がいる時代になってるんです。

その工夫が、僕はコミュニケーションをとる事だと考えています。

 

発信者と受信者を分けるのではなく、受信者と一緒に楽しむ事。

100人のファンを作るのは難しいけど、100人のファンになればいいのです。

 

インターネットが成熟した今は、間違いなくその方が早い。

SNSでやり取りしてたら、たくさんの人がそれを見てますからね。

この人は人を大事にしている人なんだなってのが伝わる。

 

だからSNSはおもしろいし、可能性があるなーって思うのです。

 

 

楽しくないならやめた方がいい

僕は、楽しいからこうやってSNSをやってます。

今日、ツイートを参照させてもらった人たちも、多分そうなんじゃないかな。

 

人の投稿を読むことを、特に何かをしてあげてるって感覚はないのだと思います。

単純に楽しんでる。

 

もう一度言いますが、これをテクニックだという人は自分が相手に見返りを求めてるから。

相手の投稿を無理やり読んで、我慢になってる人は、相手に興味がなくて自分を知ってもらうとしか考えてないから。

 

そういう人は、クオリティだけで勝負して、資本主義の競争社会に挑んでいくといいでしょう。

そして、疲弊していくだけだなって僕は思います。

もちろん、勝ち残れる人もいますけどね。でも疲れるだろうなぁって思う。

 

大切なのは、今どうか?ではなく、これからどうなりたいか?

だと思います。人はいつだって変われます。

 

攻撃したいわけでなく、こういうやり方もあるよ!って伝えてるだけなんで、そこが伝われば嬉しいなぁ。

 

今日のブログを読んで、ムッとする人は実は心のどこかでわかってる。

いいものを作っても、自分の思うようにはなかなか売れない。

でも、SNSで遊んでるように見えて、売れてる人がいる。そんなのおかしい、許せないって。

 

人に媚びながら、友達に協力して売ってもらってるなんて邪道だって思ってるのです。

繰り返しになりますが、SNSで影響力を持ってる人は、そういう感覚ではないのです。

買ってる人も、そういう感覚ではないのです。だからやってみないと理解するのは難しい。

 

楽しんでやってるから、我慢もないし、続くのです。

 

多分ですけど、三木谷さんが僕のこのブログを読んでも、1ミリも心が揺れないと思います。

三木谷さんは資本主義社会の勝者だから。多分ですけどね(笑)

もしも、上手くいってなかったり我慢してたりするのであれば、ちょっと立ち止まってみてもいいかもしれないですよ。

 

あなたはこの記事を読んでどう思いましたか?

僕は、無理にSNSをやれって言ってるわけではないのですよ。

我慢になるなら続かないし、やらない方がいいですからね。

 

僕が考える、SNSでは誰でも影響力を持てるというのはこういう事です。

共感したらTwitterやFacebookでシェアしてくれたら嬉しいです。

では、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。