スポンサーリンク

スポンサーリンク

yzanの好き

【山川咲】当たり前にある日常への感謝を忘れずに生きていきたい

生き方に憧れて、考え方に憧れて。

そして言葉のひとつひとつに力強さと、ありのままの弱さもさらけ出す。

本当に美しくて、感動的な生き方をしているCRAZY WEDDINGの山川咲さん。

 

日曜日は、そのクレイジーの4周年イベントに参加してきました。

 

感動のフィナーレの後、舞台に上がって咲さんと撮った思い出の一枚。感動のフィナーレの後、舞台に上がって咲さんと撮った思い出の一枚。

 

自分も含めて、本当にいい顔してますよね。

どんなイベントだったかを語ると、全てはこの笑顔に集約されてると思います。

本当に感動的で、僕の感性を刺激する最高のイベントでした。

 

イベントについては本当にたくさんの刺激を受けたのですが、今日は特に印象に残った事をひとつだけ。

それは日常についてです。

 

 

日常とは、本当に当たり前で、ありふれたもの。

それだけに僕らは、日常への感謝を忘れがちです。

 

CRAZY WEDDINGは、オフィスの中で感じたことをシェアする時間を設けているそうです。

シェアとは、自分の感じたことを言葉にして相手に伝える事。

 

日常で感じたどんな事でもよく、とにかく思いを言葉にして相手に伝える事が重要です。

 

こうすることで、当たり前の事でも、相手に伝えるとそれは色あせないものになるなと感じました。

そしてこれは、すごく重要な事です。

 

最も怖いのは、日常への感謝を忘れる事だと感じました。

当たり前の事を、常に感じていること。

創業の思いやもともとの理念など。

そういった当たり前にあるものを意識して、常に感謝する事。

 

突然、痛みを伴って失うのであればまだマシだって事です。

失った感覚や、それに対する後悔があるならまだいい。

それに対して、いくらでも取り戻す事もできるから。

 

一番怖いのは、何の痛みも伴わず、緩やかに自然に失っていく事。

これは本当に恐ろしいです。

なぜなら、こうやって緩やかに忘れていくということは、そういう人間になってしまうから。

 

いったい、どれほど日常に当たり前にあるものを、ゆるやかに失ってきてしまっていたのだろう。

それに気づかないということは本当に恐ろしい。

 

CRAZY WEDDINGの日ごろ感じた気持ちをシェアするという取り組みと、それに対する思いを聞いてそんな事を思いました。

 

 

今まで以上に、当たり前にあるものに感謝しながら生きていこうと思いました。

この思いを当たり前のものとして、ずっと持っていられるように。

簡単ではあるけれど、こうしてブログに綴っておこうと思います。

何でもないありふれた日常を過ごせる事に感謝の気持ちを込めて。

ABOUT ME
横山文洋(yzan)
横山文洋(yzan)
Yzan(わいざん)こと横山文洋です。広島県の過疎地に生まれ、その境遇から地方活性を理念に日々活動しております。中小企業や個人へのマーケティングアドバイスや、自身の考えや経験の講演活動など行ってます。行動の軸になるのはそれがおもしろいかどうか?伝える手段としてエンターテイメントを最重要視します。

DJわいざんの住まい

information

[box class="blue_box" title="おすすめメニュー"]

●1対1でSNSをベースとしたコンサルティングを行います

[line]「わいざん流・共感をつくるSNSマーケティング」[/line]
個人が情報を発信できるようになった事がマーケティングに及ぼした影響から発信の重要性をレクチャー。あなたが、あなただけの発信をし、やりたい事を叶える為の方法を1対1で徹底的に提案します。モチベーションアップや自己啓発にも有効。 企業の代表や個人事業主におすすめ。 [line]《申込・詳細はこちら》[/line][/box] [box class="blue_box" title="yzan思考がわかる動画"]

●thynk140「行動するあなたを肯定します」

[line]「140秒で僕のいちばん大事にしてる事が伝わります」[/line]
[/box]