小説

小説

【第1話】旅立ちの時|死に直面した彼は旅に出たいといい、僕はそれに冷静に対応しようとした

いつも通りにゆっくりと起きる朝。3年前に会社勤めを辞めた僕の朝は、必要以上に急かされることはない。そんな生活に自分の怠惰な性格が重なって、絶妙でのんびりしたハーモニーを奏で続けた結果、運動不足という不名誉極まりない賞をい…