Yzan.jp 地方活性を理念に日々活動しております。中小企業や個人へのマーケティングアドバイスや、自身の考えや経験の講演活動など行ってます。行動の軸になるのはそれがおもしろいかどうか?伝える手段としてエンターテイメントを最重要視します。

logo1

Yzanと人

Yzan_BANNER1919-612
Yzan_BANNER1919-612

大学

永友敬央

独自の感性と仲間を巻き込んでいく力

僕が知るわいざんは、好奇心旺盛、凝り性、対人コミュニケーションに長けている。
一言でいうと濃い(外見、内面、行動が)。

僕がわいざんと出会ったのは1998年春。今から18年ほど前、大学1年のテニスサークルでした。このサークル活動の中で友人関係となり、よく語り、よく遊び、共に多くの時間を過ごしてきました。僕らは本業?のテニスだけに拘らず多くの活動をしてきました。ゴルフにカメラ、旅行なんかにも行っていました。ある時思いつきのように、カメラ片手に軽自動車に乗り込み、新潟へ旅に出かけた事は、今では懐かしく良い思い出です。当時の僕たちは興味が湧いた事に関してはとにかくやろう!といったスタンスでした。
この大学時代に得たモノが、その後社会人となっていく僕らの確かな礎になったのだと感じています。

わいざんは独自の感性で楽しい事を見つけ出し、その道を追求する。道程には必ず仲間がいてその人達を巻き込みながら共に成長していく。僕はわいざんがこういう濃厚な人生をおくっている人物であると感じています。

根っからのエンターテイナーであるわいざんが、今後どう進化していくのか。
5年、10年、20年後・・・僕はその時代を謳歌しているのわいざんに会える日を楽しみにしています。変わらない期待と敬愛の念を込めて。


Yzan_BANNER1919-612

ドラッグストア時代

森脇香奈江

変わらない軸を保ちながら変化する

横山さんとの出逢いは、今から10年以上も前、ドラッグストア(ウォンツ)でした。
右も左も分からない新入社員だった私に、気さくに売場の事を教えてくれた優しい1つ上の先輩でした。
第一印象は”真面目そう“なイメージで、昇進のスピードも速かったので、仕事はデキていたのだと思うんですが…申し訳ないことに、仕事の具体的な業績はあまり知りません(笑)
そうと言うのも、プライベートでの思い出が多過ぎて、そのイメージが強いからです。
車何台か乗り合わせ、香川へ日帰り弾丸うどんツアーに出かけたり、
同僚が結婚するとなると、何度もYKST(余興サミット)が開かれ、新郎新婦のために全力で余興を行ったりもしました。
仕事仲間で集まっても、仕事の話をほとんどしなかったのも印象的です。
年代性別問わず、横山さんの周りには、いつもたくさんの愉快な仲間が集まってきました。
今振り返ると、私が楽しく仕事を続けてこれたのは、仕事以外でこういう繋がりを作ってもらえたからだと思います。

退職されてからも家族ぐるみでのお付き合いが続いていますが、今も昔も横山さんの変わらない姿勢があります。

・何事にも全力で取り組む姿勢
仕事も遊びも学びも全力!ただ、器用な方なので、そのペース配分は絶妙にコントロールされてます。
・常に物事を全体的・先進的に捉える姿勢
仕事のことで悩んだ時、いつも他の人と違った視点でアドバイスをもらえる貴重な存在です。
・好きなモノをトコトン、ただし”直感的に“追求する姿勢
音楽も趣味も人も、ジャンルにこだわらない方です。その分”本質を見抜く力“が鋭いのだと思います。

最近の彼の活躍を拝見させていただく中で、改めてこの”変わらない“軸を保ちながら”変化している“姿を目の当たりにしています。
横山さんが今後どのような方向に向かって行かれるのか、誰も(ひょっとすると本人も)想像できませんが、私はずっと彼の変化から目が離せずにいると思います。


Yzan_BANNER1919-612

ベルシステム時代

佐藤秀雄

最高の洞察力とアドバイスが人を導く

「はっきり言って、扱いにくい。」それがワイザンでした。

ワイザンとの出会いは今から9年前の2007年にさかのぼります。ベルシステム24という会社に鳴り物入りで入社してきたワイザンの入社直後の現場研修時の評価は、過去最高と言っても過言ではないぐらいの高い評価。研修後には自分と同じ営業グループに配属される事が決まっており、「佐藤君、頑張らないと3ヶ月で抜かれるよ」と何人もの先輩社員が口をそろえて言ってきました。内心、この脅威の新人にビビりまくっていたのは言うまでもありません。

ところがワイザン、ベルでの営業活動になかなか身が入らない。だから営業成績は最下位。
指摘すると「なぜそのような指示になるのか」という仕事の本質を追及する質問をされて自分が黙ってしまう事もしばしば。

「横山さん、空気を読んでとりあえず動いてよ」という言葉を何度心の中で叫んだことか・・・笑

一緒に仕事をしたのはたった2年弱なのに、強烈なインパクトだけを残し、去っていきました。
(関西支店へ異動)

それから7年がたち、「本質を見抜く目」をもったワイザンは楽天トラベルを経て、お客様の事を真摯に考え、経営課題と市場動向を踏まえた「即効性」と「実現性」が備わった戦略を立案出来るマーケティングコンサルタントになっていました。

今では宿泊業界から活躍の場を広げており、全くの異業種である弊社のアドバイジングも行ってもらっています。(ビルメンテナンス業)

これまでお会いした他のコンサルタントと、ワイザンのコンサルティングと違いは二点。
まず一点目は、とにかくワイザン自身が100%納得するまで人の話を聞く事。ワイザンは「聞くスキル」と「質問力」がずば抜けているので、自分も気づいていない真の悩みを気づかせてくれます。

そして、二点目が個々人の良いところを最大化させるアドバイジング。それは業界とか過去の決まりとか、そういう習慣にとらわれず「本質」だけを見つめるワイザンにしか出来ないコンサルティングと言えると思います。

今や全国に活躍の場を広げているワイザンが、これからどこまで進化し、そして周りをも進化させるのか、非常に楽しみです。

ワイザン、これからも一番のサポーターとして応援しています。そしてこれからもよろしくお願いします。


Yzan_BANNER1919-612

楽天時代

河野多佳志

関わる人に前向きな変化をもたらす人

僕が社会人生活の中で最も影響を受けたのがYzanさんです。

Yzanさんと初めて出会ったのは僕が楽天トラベル事業で広島支社に配属された
2013年の春でした。

第一印象は、個性的なファッション、話が面白い、しかし仕事に対しては非常に厳しく、少し近寄りがたい印象でした。

その後Yzanさんのすごさを本当に実感したのは、一緒のチームで働かせてもらう機会を持ってからでした。

中でも僕が特にすごいなと思う事は2つあります。

【高い倫理観を持ち顧客のために行動する】
ある日商談に同行してもらった日、帰りの車の中でYzanさんが僕にこう言いました。

「宿泊業界というのは、どちらかというと損をする、虐げられる事が多い業界だと思う。
でもそんな業界だからこそフロントに立って営業している俺らが一番誠実に宿の人たちと
向き合い、宿の事を考えて仕事をすることが大事なんだよ。」

Yzanさんの仕事の価値観はこの一言に凝縮されています。

僕はこの言葉を聞いた時、本当に大事な事が何なのかを気づかされ車の中で密かに泣きました。

普段から顧客と真剣に向き合い、どうすればその宿の役に立てるかを徹底して考え実行しているYzanさんが言うからこそ、その言葉にはすごく重みがありました。

楽天トラベルで圧倒的に高いパフォーマンスを維持しつつ、一方で人と一線を画す提案やコンサルティングアプローチで顧客側にも満足してもらえる価値を提供していたYzanさんは本当にすごいなと思いました。

【本質を見極める洞察力と提案力】
2つ目はそのずば抜けた洞察力と提案力です。当時商談に同行させてもらった際にはそのレベルの高さに圧倒されていました。

話の中で徹底的にヒアリングをして顧客の本質的な課題を見極め、その課題に対して自由な発想力で明確な
道筋を示していく様子は鮮やかで、提案の中に一貫したストーリーがあり、強い説得力がありました。

その洞察力と提案力は顧客だけに留まらず、会社の中で人を巻き込みチームを動かしていく、人を育て成長させる上でも力を発揮していました。Yzanさんと同じチームで働いた日々は本当に充実していて、今の仕事の面白さを知ることができましたし成長を実感できました。

Yzanさんとの出会いが無ければ今の自分は無い。そう言い切れる位に働き方や、ものの考え方には影響を
受けました。

きっとこれからもより沢山の人にその個性と影響力でポジティブな変化をもたらし、世の中に大きなインパクト
を与えててくれるのだと信じています。

いつまでもずっと応援しています!そしてこれからも末長いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします!


Yzan_BANNER1919-612

ビジネスパートナー

奥野慎一郎

異次元の個性と圧倒的な実績

横山さんとの出会いは2012年。当時、僕が新卒で配属された楽天トラベル広島支社の先輩社員でした。

第一印象は、ただただ個性的な人だということ。
私服で出社して、旅館の人と競馬の話をしている。それでいて営業成績はずば抜けている。
そんなちょっと異次元の人みたいな感じでした(笑)

僕には横山さんのすごさを感じた出来事が二つあります。

一つ目は僕が一年目で参加した楽天新春カンファレンス。
一年に一度のイベント、楽天新春カンファレンスでは年間の優秀な実績を収めた宿に与えられる楽天トラベルアワードの発表があります。
この楽天トラベルアワード、当時の横山さんの担当エリアである岡山県ではほとんど受賞施設がありませんでした。
しかし、楽天での販売に積極的ではなかった旅館さんに楽天で販売をする価値を徹底的に伝え、協力して2年がかりで中四国の楽天トラベルアワード受賞という快挙を成し遂げます。
当時楽天のシェアが低かったエリア、かつ2年という短期間で受賞まで成し遂げた、歴史的な出来事です。

二つ目は横山さんの担当していたエリアを引き継いだ時。
直接ではなく、横山さんの後任から引き継いだ岡山エリア。
お宿の担当の皆さんがまず話題に出すのはすでに過去の担当である横山さんの事。
この時感じたのが横山さんは一個人として皆に信頼されているということ。通常であれば楽天の○○さんとして関係を築きますが、横山さんの場合は違いました。
信頼の厚い横山さんは憧れの的でした。

そんな横山さんが優れているのは状況に応じた提案内容と発想力。
それは独立してマーケティングパートナーとして働いている現在でも変わらず発揮されてます。

現在、僕は一緒に働いています。
一番尊敬し、信頼しているパートナーである横山さん。これからも一緒に頑張りましょう!


Yzan_BANNER1919-612

お客様代表

はたご小田温泉 神田
はたご小田温泉 神田

はたご小田温泉 茶寮清泉亭 四代目 神田 硯一郎
http://www.odaonsen.jp/

はたご小田温泉 茶寮清泉亭
四代目 神田 硯一郎
http://www.odaonsen.jp/

受け入れて実行することで想像できなかった結果がついてくる

横山さんとの出会いは、横山さんが楽天トラベルの営業マンとして小田温泉を訪れたこと。第一印象、彼とのやり取りから、とても誠実で心温かな人だと感じた。とかく営業成績重視の商談が多い中、売り込みなしの営業なのである。不思議なもので売り込まれないと却ってこちらが不安になったりもする。

話を進めれば、私共が抱えている問題を一緒になって解決しようとする心があふれている。こちらが、納得するまで辛抱強く、また明るく課題に対して説明してくれる。途中お互いの考えや発想の相違から論議になったりもしてなかなか白熱する。その中から、自然と進むべき道が見いだされる。その道を進んだ先、彼の考えを受け入れて実行することで以前では想像もできなかった結果がついてくるのだ。結果に驚き、また、感謝で一杯だ。横山スタイルに信頼が生まれ、実績も出る。何とも好循環なのである。

補足だが、横山さんの、実家は自営業をなさっているという。ご両親の働く姿、お店の大変さ、幼心に経験した事柄、商売の雰囲気などなど、人の役に立ちたいという彼の思いの原点がそこにあったのかもしれない。通り一遍の営業でない深さや、温かさの源は、そのあたりに由来するのではないかと思っている。

人様のお役に立ちたい、いい仕事がしたい、夢の実現に向かって進むその情熱と向上心、勉強熱心なスタイルは、留まるところを知らない。良きパートナーとして旅館業、観光業、地域の活性化に一役も二役も担う人物である。
夢の実現と発展をもたらしてくる横山さんとのご縁を大切に歩んでいきたい。


Yzan_BANNER1919-612

独立後

橋爪大輔
合唱指揮者 はしづめだいすけ
http://hashidumedaisuke.com/

相手にかける一言に拘る気遣いの人

わいざんこと横山文洋さんと私との出会いは、彼の「行動する力」から生まれました。

私の電子書籍に興味を持って下さり、わざわざFacebookでメッセージを送って下さいました。

私は「できるようになってからやる、のではなく、やるからできるようになる」という言葉を拙著に書いています。彼はその言葉通り、『やりたい』と思われていたセミナー活動を独立後すぐに開始されています。

私はわいざんより年下なのでより一層思うのですが、彼の良さは年齢・性別・肩書を気にされないところにあります。「良い」と思ったものはすぐに吸収。そして学ぶだけでなく、行動に移す姿はかっこいいです。

そんなわいざんは「気遣いの人」です。相手にかける一言・相手に送る一文を、これほどまでに大切にされている方はなかなかいません。

そんなわいざんと出会えたことが嬉しいですし、これからも多くの方々と出会うことで、わいざんの魅力を知ってもらいたいな、と思います。わいざんのこれからを応援しています。


Yzan_BANNER1919-612

独立後

藤田隆志
瓦を愛する思想家
http://kawarasista.com/

僕がわいざんをオススメするわけ。

僕がわいざんを知ったのはSNSでした。
共通の友人と絡んでいて、バカやってるなーとか面白いなーとか思っていたのですが、そこからハマるまでは時間がかかりませんでした。

なぜなら、そんな面をたくさん見せているのに、芯を突く投稿もチラ見させ、しかもその視点が普通じゃない感じなんですね。
めっちゃ興味が湧いてきて、広島まで会いに行きました。

会ってすぐに、「遅れてしまったので殴ってください」と言われたのはびっくりしたのですが、その要望を聞きました。

※この写真について詳細はこちらのブログを読んでね。

その彼と出会ってもう一年が過ぎました。そこで僕がこの一年で感じた、わいざんの凄いところを書いてみようと思います。

①逸脱した表現者である。

表現に関して、彼ほど多彩な人を僕は見たことがありません。文章が上手い人や写真がうまい人。
そんな人は数多く存在しますが、全てにおいて卓越した才能がある人間はまだ出会ったことがありません。
それは洞察力と感性なんだろうなって思います。
この二つの能力がずば抜けているんだと思います。音楽や小説などにも造詣が深いことから、このような稀有な人間になったのかな?
また、僕が一番持つことが出来ていない表現者の才能、【ライブエンターテイメント】を持っています。
これは今僕が考えた言葉ですが、面と向かって話している時に、相手を楽しませて自分も楽しんでしまう能力のことです。
表情豊かに場を創っていく力はホントすごいです。
SNSで活躍している彼ですが、その真骨頂はリアルに会った時にあります。
是非一度その表現の高さと深さを味わってみてください。

②しっかり自分を見てくれる伴奏者である。

関わりやつながりを大事にするのが彼です。
これは誰かとの関係性を見たり、彼と話している時に感じることです。

もしあなたが、売り上げ第一主義でなく、誰かの手助けをしたい、楽しみながら仕事をしたい、そんなことを考えている人なら、彼は思いっきり相談に乗ってくれます。
そして彼と関わることでその過程を充実させていくことが出来、その結果、副産物的に売り上げが上がることでしょう。
あなたがとにかく売り上げを上げたいだけの人なら彼に依頼はしないでくださいね。
彼は過程をどう過ごしていくかも大切にする人ですから。

③遅刻する

僕の指導が行き届いてなくて、よく遅刻します。
ごめんなさい。これに関しては僕が頑張ります。違うか。

ということで、あなたの仕事に「エンターテイメント」を持ち込みたいのなら、その結果、利益が出るという考えの元仕事をして行きたいのなら、彼に相談する以外にないでしょう。

ホントはなんでも高いレベルで解決していくんですけどね。

まずは一度会ってみてください。

そして30分でいいから話してみてください。

それで全てわかりますから^^


Yzan_BANNER1919-612

独立後

なるかわあかね

遺影写真家
http://ameblo.jp/akaneto322/

みんなをどんどん超えては、道しるべ的な人になっていく

わいちゃんは、リーダーでもなく、もちろん群れの中の一人なんていう訳がない。
まぁ到底、群れの中の一人だとすら思ったことないけどね、
一般的にリーダーじゃなければ、群れの中の一人しか選択肢がないように思われるのが普通だよね。
普通なんていらない。
群れの中の一人じゃなければどこよ?ってこと。
うね、わいちゃんは普通じゃないに決まってる!

群れの先の先の道へ一人でピョンピョン跳んで行ってしまい、
みんなが追いつくのを待ってる人。
しかも待ちながらも存分に一人で遊んでる。
だからイメージとしてウサギ。わいぴょん。
カワウソでもいいよ。カワウソ、カワイイから(あ、話が反れた)。

そうそう。 あとね、泣きすぎですから!!
本当に泣いているのかどうか知らないけど、
しょっちゅう泣いてる気がする。
泣き虫わいぴょん。
人目も気にせず泣ける37歳男性ってちょっとありえへんけど、
見事な涙腺と感受性の持ち主に違いない。
泣けることがどこまでも美しいと私に教えてくれたのはわいちゃんです。

ウサギはさみしいと死んじゃうんだよ。
わいちゃんは寂しがりやだとおもう。
ご本人が認めなくても、それはきっと間違いない。

一人だけ先に行っちゃうのに、寂しがりやなんだよ!
意味わかんなくないw?
だからたくさんの人と交流して、
どんどんその相手の人に先の先を見せてあげてるんだと思うな。
多分ね、よくわかんないけど(笑)。
だからわいちゃんは寂しくないから死なずに済む。

そしてみんなをどんどん超えては、
道しるべ的な人になっていく。
ほとんど誰も追いつけない。
わいちゃんという人は、すごいね!
わいちゃんに付いていこうとは思わない方がいいよね。
それ無理だから。
あなたには無理だから諦めてください。
痛い目にあいますよ!
わいちゃんほどの頭の回転の速さと読書量とエンタメ力と芸術センスがないと無理でしょうね。

というか、私はわいぴょんのカワイイ丸いしっぽになりたいよ。
先に先に一緒に連れてってもらいたい。
それでみんなが追いつくまで、
本読んだり、
写真一緒に撮ったりして遊んでいたい。
ウサギとしっぽの楽しい関係。
いいでしょ?わいぴょん、連れてって!

わいちゃんは、私のともだち。大事なともだち。
楽しいときだけじゃなくて 悲しい時も、
辛い時も、
愚痴っぽい時も付き合ってくれる大事なともだち。

一番怖いのは、
わいちゃんが人気出すぎて、私と遊んでくれなくなること。
人気が出るのは喜ばしいことで誇りに思うことなんだけど、
今はさみしさが先に立つ。
でも、私はウサギじゃないから寂しくても死なないから大丈夫だよ、わいちゃん。

人は誰もが、その人にふさわしいステージに立つものらしい。
わいちゃんにはきっと自分の立つステージがもう見えてるはず。
自分自身のことだけじゃなくて、他の人や物事についても。

だからわいぴょんが「大丈夫」って言うのなら、
安心してついていけばいいよ。
(私はしっぽだからね、連れてってくれるはず、てへぺろ)

大物だから、うさ山さんには、サインは早めにもらっておこう!


広島を拠点に全国で《行動してる人》を応援してます。その為の手段としてマーケティングセミナー・講演活動、DJ、藍染をやってます。おもしろい事、楽しそうな事が好きで、ディズニーのエレクトリカルパレードを超えるエンタメを目指してます。一度きりの人生、一緒に踊りましょう!その方が楽しい。


Yzan_BANNER1919-612

fb-icon

Yzan_BANNER1919-612

Yzan_BANNER1919-612

Yzan_BANNER1919-612

PAGETOP
Copyright c yzan All Rights Reserved.