こんばんは。

島根県への出張から帰ってきました。

 

今日は、島根県の営業する旅館の中では、唯一の国有形登録文化財である、美保関の美保館へ行ってきました。

 

 

ここが本当にいい場所なんですよ。

 

本当に時が止まったようで、心が開ける場所です。

何度も来てるんですが、本当に大好きな場所です。

 

江戸時代に北前船の宿場街として積荷を降ろす時に敷き詰められた石畳が美しい。

江戸時代に北前船の宿場街として積荷を降ろす時に敷き詰められた石畳が美しい。

 

この、なんとも趣のある、青石畳通りですが、これが何とですねーーー

雨が降ったらまた違う顔を見せるんですよ。

 

これが本当にたまらなく趣深くて最高なんです。

今回は快晴だったので、過去の写真からお見せしますね。

 

 

雨が降るとこんなにも素敵な雰囲気に変わるんです。

あ、こちらはボクのインスタグラムなので、是非フォローして下さいね♡

 

 

先ほども書きましたが、ここ美保関は北前船で栄えた港町です。

 

ここ美保館の目の前は海です。

これがまた気持ちいいんですよねー!

 

美保館の目の前に広がる海!天気がいい日は大山がきれいに見えます!

美保館の目の前に広がる海!天気がいい日は大山がきれいに見えます!

 

この気持ちよさ!歴史文化を感じながら、自然に触れる事ができる。

最高の場所です。

 

多くの文人墨客がここを訪れて、感受性を育んでいました。

 

そしてここの海では釣りもできます。釣竿は美保館で無料でレンタルしてます。

そしてここの海では釣りもできます。釣竿は美保館で無料でレンタルしてます。

 

目の前の海では釣りもできます。

 

今日は仕事の打ち合わせできたのですが、ほそみちは早速着くなり、釣りにいそしんでました(笑)

 

何やってんだ!!!

 

と思うかもしれませんが、ここの45代目になる専務も一緒に釣りを楽しんでいるというところがこの宿の素敵なところなんです♡

 

人もロケーションも最高に居心地がいい空間。

 

 

こちらは宿泊もできるようになった、本館の離れ。

こちらは宿泊もできるようになった、本館の離れ。

 

そして、ここからが真骨頂です。

 

国有形文化財の本館は結婚披露宴の会場や、宿泊客の朝食会場として現代は使われてますが、宿泊はできませんでした。

 

そこで、今年の春先から、この離れを宿泊用に改装して、現在は泊まれるようになってます。

もちろん離れも国有形登録文化財。

 

こんな歴史情緒溢れる離れを丸ごと一棟貸切できるのは最高の贅沢ですよ!

 

離れのリビングスペース。ちょっと寛がせてもらいました!

離れのリビングスペース。ちょっと寛がせてもらいました!

 

部屋はこんな感じでとってもおしゃれに仕上がってます。

 

リビングの他にも部屋が4つあって、贅沢に広々と使えます。

 

国有形文化財の宿、美保館の本館離れ。 ここに宿泊できるなんて本当に最高の贅沢だと思う!

横山文洋(温泉ソムリエYzan)さん(@yzan_gram)が投稿した写真 –

 

例によってインスタグラムから。

 

残念ながら海は見えないロケーションですが、窓から眺める本館もとても風情があって好きですね!

 

 

本館も紹介したいのですが、今日はいったんここまでで(笑)

 

また後日紹介しますね。

 

 

それではおやすみなさいーーー!!