連日レターポットに関するブログ書いてます。DJわいざん(@yzan_travel)です。

ずっとレターポットの事を書いてるには訳があります。レターポットを使って恩送りの感覚を知る事は、あなたの人生を豊かにするからです。

僕の周りの人の人生が豊かになれば、間違いなく僕も豊かになります。一番みんなを幸せにする方法だと思うので連日書いてます。「またかよ!」と思わず、まぁまずはやってみて下さい。とりあえずやってみる人最高です。

 

 

今日は、レターポットをやってて、予想もしなかった嬉しい事が起きたので紹介します。

 

レターポットをやってたら集客できた

まずはこのツイートをご覧ください。

僕がとても嬉しそうなのが伺えますが、これが何かというと…

1月23日に鳥取県米子市での、僕が出演するDJイベントにお客さんが来てくれる事になったのです。

DJダイノジさん主催のジャイアンナイトで、僕も楽しみにしているイベントのひとつです。来てくれるのはもちろん嬉しいんですが、ここに至るまでの過程がおもしろかったんですよ。

 

始まりはひとつのツイートからだった


今日の朝、少し遅めに起きた僕はいつも通りTwitterを開くと、こんな投稿を目にしました。朝方シェアしたブログの感想をレターポットで贈ってくれたものでした。ブログの感想をレターで贈ってもらえる事はすごく嬉しい事です。

どんな感想を贈ってくれたのかな~と、レターポットを見に行くと…

なんと266文字もの長文!

いや…長文はこれまでももらった事ありますが、全くつながりがなかった人からブログの感想でもらったのは初です。

レターポットによると、今年新社会人になる大学生のようです。僕のブログに対する熱い感想が綴られてました。若いのにこの意識はすごいなって思いました。

どんな人なんだろう?と思ってTwitterのタイムラインを遡ってみました。するとこんなツイートが。

 

なるほど。レターに余裕があったから長文を贈ったというよりは、本当に伝えたくて意を決して贈ってくれたんだろうなぁと想像…

 


そして向上心があるけど、まだまだもがいてる状態なんだなーと感じる。こうなると、応援したくなりますよね。

さらに、タイムラインには、僕の他のツイートもしっかり見てリツイートしてくれてました。SNSって、こんな風に全部見えてしまうんですよ。その人が本気なのか、数を増やす為に作業でやってるかどうかというのが。

 

いつものようにレターをもらった事をツイートしてみた


とはいえ、特別な事はするわけではありません。この熱量はさすがに返信してあげたいな…という気持ちをグッと堪え、レターをもらった事をTwitterに投稿。

そして、先日から始めたオンラインサロンで今、特に恩送りの事を話してるので、このツイートをサロン内で共有しました。すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


他にも数人贈ってくれてます。Twitterに投稿があったものだけ拾いました。

完全に自分たちには関係ない話なのに、こうやって何の躊躇いもなくgiveできる僕のオンラインサロンのメンバーは最高です。きっとみんな見返りとかを求めてるわけでなく、レターを循環させてくれてるのだと思います。

 


そして、瀧さんからはこんなツイートが。正直、僕が大学生の頃にこんなことカケラも考えていませんでした。やっぱり下の世代は優秀です。優秀というか、生きてきた時代が違うから、価値観のベースが圧倒的に違いすぎる。去年チームラボの椎谷さんから学んだ事を思い出します。

「明治時代を作ったのは、江戸時代を生きていない人たち。私たちは、常に次の世代から学ばなければならないという事を」

そんな事を考えてたら…

 

え!!!???

まさかの松江住みなのーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!しかも23日のDJイベントに参加してくれるのーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

まとめ~相手に敬意を払う事~

いやー正直そんな事、全然期待してなかったので驚きました。そして嬉しかった!

何よりすごいなって思うのは、彼が僕の出演イベントをチェックしていたって事です。これがどんなに僕に敬意を払ってくれてるか、想像してみて下さい。伝わってますでしょうか?

SNSって距離感が近く、誰とでもつながれるのが魅力だと思います。だからこそ、僕は相手への敬意って必要だと思うんです。

SNSで本格的に発信を続けてもうすぐ2年。これだけやってると、一般人の僕でも毎日大量の友達申請とメッセージがきます。申し訳ないのですが、友達申請はほとんど見てませんし、メッセンジャーも開いてません。

コミュニケーションは大事にしてるので、コメントは極力返しますが、たまに驚くようなコメントやメッセージが入ります。

会いたいので、今度大阪に来るとき教えてくれませんか?

いや…その前に誰?って思います。毎日発信してるので、受けてる方は近く感じるかもしれませんが、発信をしてくれてないと、こちらからすると誰だかさっぱりわからないのです。

ましてや、僕の本業はマーケティングコンサルタント。自分の学んだ事や試した経験で、時間を売って生きているわけです。大阪に行くのは、用事があって行く、僕の大切な時間なわけです。

誤解しないでほしいのは、普段からコミュニケーションを取ってる場合はいいんですよ。僕も全ての時間を効率よく売ろうなんて思ってないし、やりとりしてて、こちらから会いたいなって思う人だっています。だからSNSは一報的な受信・発信だけでなく、双方向のコミュニケーションが大事なんです。

知らない人からの失礼な連絡はスルーでいいなって思ってましたが、今年は自分を丸ごと発信する事が相手の為だなって決意したので、このタイミングで書きました。

 

目的は何なんだろうって思うんですよね。無理やりつながるのが目的なのか?入り口でキチンと相手に敬意を払って、関係性を築いていきたいのか。

 

この話は、正しい、正しくないではなく、僕の好き嫌いです。誰かを否定したいわけではありません。ただ、僕がされたら嫌だって事を発信してるだけです。コミュニケーション関係なく、誰とでも会いたいって人もいるかもしれないし、理由なく誰にでも応えれる人もいるかもしれません。それはすごいなって思います。だけど、僕はできません。限られた時間の中でそれをやると、モチベーションが下がるので嫌だという事です。

限られた時間、僕は真剣に接してくれる人の為に使いたいわけです。SNSをコミュニケーション重視でやってるとたくさんのつながりが生まれます。

今、僕がSNSで仲良くしている人たちも、初めは知らない中からコミュニケーションが生まれてどんどん仲良くなっていきました。どこかに行くときは真っ先に浮かぶから会いに行くし、広島に来るって連絡があったらもてなします。

僕は、自分に正直なので付き合いで時間を相手に捧げる事はありません。今現在、会いたいですね!って話をしてる場合は、絶対に嫌でやり取りしてるので誤解しないで下さいね。

 

直近の僕が出演するイベントはこちらです。

 

 

僕は、どうしても会いたいなって人がいたら、その人が何をやってるかを調べて、そのサービスに申し込むところから関係性を作ります。その方が後々自分にとって得だってわかってるからです。

これも先にgiveをするって事ではないでしょうか?瀧さんの行動は嬉しかったし、23日会えるのが楽しみです。

何となく仲良くなって、その後に会ってみたくなる事もあります。むしろそっちの方が大事かな。だけど、軽々しく相手が命をかけてやっている仕事を浸食しようとは思わないです。

信頼関係がきっちりできていて、対価を感じずにお互いのスキルを交換したりする事はありますけどね。でも、それは結果的な話で、僕が言いたいのは入り口でって事です。そこのところは誤解なきよう。この辺のニュアンスは難しいよなぁ。

とりあえず、僕は何の関係性もないのに、いきなり会って話をしてくれって人に時間を使う事はないって事です。

 

今日は、瀧さんとのつながりが嬉しかった。されて嬉しい事を知ってもらっておくのは大事だと思うので、ブログに書きました。伝わってくれると嬉しいです。

それにしてもレターポットを楽しんでるだけでDJイベントのお客さんが増えたのはおもしろかった!文字が有料って事は、それだけ本気度を相手に伝えれるって事が価値になりますね。

ブログの感想はレターポットで伝えてくれたら嬉しいです。最後まで読んでくれてありがとうございました!