こんなタイトルだけど、怒ってはいません(笑)

安心して読んで下さいね!

 

これは、今年の3月にLINE@で配信した内容です。

内容にすごく共感したという意見をもらったので、改めてブログに書いておきます。

 

リライトしようかと思ったけど、今読んでも全くその通りだと思ったので、そのまま書きます。

 

怒る事の大切さ

心が広い事と、怒らない事は僕は全く別物だと思います。

それはもう、ラーメンとアーメンくらい別物。

 

いや、もっと違うな。

ベーコンとジャムくらい違います。

伝わってますでしょうか?

 

僕は怒ります。怒る必要がない時は当然怒りません。

じゃあ怒る必要がある時ってどんな時?って話になるかと思うのですが…

それはすごくシンプル。

 

それは、僕自身が軽く扱われた時、もしくは僕の大切な人が軽く扱われた時です。

 

僕の大切な人がいじめにあってたら?

迷わず、相手を僕の出来る限りの方法でブチのめしに行きます。

 

ここで変に我慢したり、相手を尊重したりする事はないです。

 

だって、大切な人がいじめられてるわけですよね。

これは協調とかそーゆー問題ではないと僕は思う。

 

大切な人が大切に扱われない時に、ヘラヘラ笑ってる程、僕は自分を軽く見てない。

自分の大切な人を軽く見てない。

 

それ以外の、意見の食い違いとか、ちょっとした価値観の違いは大体受け入れます。

受け入れれるようになりたいと思ってます。

 

そーじゃない時。

 

怒るべき時に怒れないと、弱いものイジメする人は歯止めが効かなくなるから。

 

自分を殺して、我慢してる事が多い人の為にちょっと書いてみました。

でも、自分を大切にするってこーゆー事だと思いますよ。

 

変に捻じ曲がらず伝わったら嬉しいです。

では、今日も一日よろしくお願いいたします!

 

こんな内容がごくたまに流れるLINE@の登録はLINE友達検索で「@yzan」で検索して下さいね!

 

□半年くらいの時間差をおいて感想をもらったブログがこちら
わたしが怒るとき