ちょっと報告が遅くなったけど、DJわいざんのクラウドファンディングが終わった。

9日間の瞬発力勝負だったけど、まずはひと息つきました。

ご支援いただいた皆さん、シェア・リツイートで応援してくれた皆さん、ありがとう。

 

僕の正式なDJデビューとなる、17日の「わいざん夕方」の入場料を無料でやる為、その資金を集めたいという内容。

目標の50,000円を大幅に上回る、148,000円が集まりました。

 

収支報告

皆さんから頂いたお金なんで、きちんと説明しておきたく。

まずは、収支について報告させていただきますね。

まず、この148,000円がまるまる使えるというわけではなく。

ここからクラウドファンディングのシステム手数料が8%。決済手数料が5%引かれます。

なので、実際に振り込まれる金額は128,760円となります。

 

さらに、リターンの原価がかかります。

今回でいうと、Tシャツが一番かかる。

Tシャツに支援してくれた人が21名。

今回作ってるTシャツが、正直なところ、僕のTシャツ作成の知識不足から原価の時点で3,000円を超えてる。

 

【悲報】クラウドファンディングに挑戦したら赤字になりそうな件

 

まだ正確には出してないけど、仮に3,200円くらいだとすると、3,200円×21名で67,200円かかる。

これに送料がかかってくる。レターパックライトで送るとして、360円。

360円×21名で7,560円。

(128,760円)ー(67,200円)ー(7,560円)で、54,000円が手元に残る金額。

実際には、手渡しでTシャツ渡したりする人もいると思うけど、そこはちょっとわからないので割愛。

 

Tシャツ意外のリターンは、手紙を書いたり写真を撮ったり、グループを運営したり。

原価はかからなく、僕の人的コストのみがかかる。

考えようによっては仕事と同じだけど、無い切り口から得た資金なので価値があるなって思う。

一緒にDJわいざんを作っていく仲間を得たという感じでもある。

 

今回の大阪での開催は、会場費はかからない(ドリンクチャージ)ので、必要なのは機材購入費と交通費、宿泊費。

そして、ブースカバーやポストカードの制作費、デザイン料に使わせてもらおうと思ってる。

 

それらが全額まかなえるわけじゃないけど、機材やブースカバーはずっと使わせてもらえるし、初イベントを集客考えずにノーリスクでできるのだから、本当にありがたい話だと思う。

無料だから、当日来てくれるって人もいるだろうし、活動を多くの人に間接的にも直接的にも知ってもらえた。

 

何か活動をしようと思った人が、クラウドファンディングを選択するのはアリだなって思う。

支援してくれた人は、僕の不完全なDJに価値を感じてくれたわけで、非常にありがたい話。

身が引き締まる思いにもなる。

 

発展性

さらに、キャンプファイヤーというクラウドファンディングのシステムに乗せる事で、発展性がある。

僕は、関心の無い人に届いたらおもしろいなってくらいに思ってたんだけど、予想もしなかった事が起きた。

 

 

DJダイノジのパフォーマーである森森子さん!!

僕のやりたいDJのスタイルは、DJダイノジ。

DJダイノジは、パフォーマーを置いて、曲に合わせて振り付けをするスタイル。

初めはDJダイノジを真似てやらせてもらおうと思ってるので、この反応にはめっちゃドキドキした!!

真似てるうちに、きっとオリジナリティも出てくると思うし、まずは見切り発車で始めたので参考にさせてもらいたい。

 

そんなDJダイノジの本物のパフォーマーからこんな反応をもらえるなんてめっちゃドキドキするよね。

 

で、本当に森子さん来てくれるのかなーと、翌日ハンフリー塾で講演があるにも関わらず、気が気じゃなかった!

 

 

スライドを作ってる途中だったから、本当に手につかなくなったよね(笑)

そしたら、森子さんからこんな返事が返ってきた。

 

 

いや絶対いきます!楽しみ!!
僕もロッキンまで連れてってください!そして参加者全員、翌日米子ジャイアンナイトへGO!!

 

 

 

いや絶対いきます!

 

 

 

いや絶対いきます!

 

 

 

 

 

いや絶対いきます!

 

 

 

 

 

 

マジかよ!!!!!

 

 

 

 

いや、これめっちゃ嬉しかった!!!!

そんなわけで17日当日は、僕が憧れてるDJダイノジのパフォーマーの森子さんが来ます!

パフォーマーやってくれます!これもクラウドファンディングが生んだ副産物ですよね。

嬉しかったなぁ。

 

僕は楽天やじゃらんのような、手数料をとるプラット―フォームからは脱却する事が必要と思ってるけど、やっぱり大手のプラットフォームを利用すると、個人では絶対にできないような事も起こる。

自分の力で、伝えたい事が伝えれる影響力を育てる事も必要だし、大手の仕組みにうまく乗っかる事も場合によっては必要だなって思った。

 

当日はよろしくお願いいたします

というわけで17日の「わいざん夕方 in 大阪」はかなりアツいイベントになります。

入場無料のワンドリンクなので、ちょっとでも気になってる人がいたら気軽に来て下さい。

初めての舞台なので、緊張して余裕ないかもしれませんが、できるだけ居心地のいい空間にしたく思ってます。

 

クラウドファンディングって、やっぱり勇気いるな~って思う。

リターンがあるとはいえ、やっぱりお金を下さい!って言ってるわけだから。

 

自分には信念があってやってる事だけど、やっぱりいろいろ言われる事も覚悟してないとね。

だけど、そんな時にDJダイノジ大谷さんや、森子さん。

そして、応援してくれたみんながリツイートとかしてくれたのがすごく嬉しかった。

 

クラウドファンディングの文章にも書いたけど、僕が今回試したかった事のひとつに心理的な部分がある。

 

それは、無力な自分を人から肯定されたら、人にも優しくなれるんじゃないかって事。

 

どうしても、役に立たないと自分には価値がないって思ってしまいがち。

そう思ってると、人にもそれを求めてしまう。

僕はそんな風に考えるタイプでした。

 

だけど、人は誰もが天命を持って生まれている。

だとしたら、その人が自分の《好き》に従って生きてる時が、やっぱりいちばんパワーが出るわけで、それが自然に誰かを救う事になるんだと思う。

 

今回、いろんなメッセージをもらいました。

その中で、「わいざんさんが楽しそうにやってるのを見て、自分も夢に向かって動こうと思った。」というのがある。

 

人には誰しもに天命があるのならば、人の目を気にして生きるよりも、自分がやりたい事をやって生きる事。

それが、このメッセージにも現れてるように、勝手に誰かの救いになったり、役にたったりするもんだなって思った。

 

エクスマ塾で聞いた、藤村先生の天命を考える事と、好きな事をしようっていう言葉が、ちょっとだけ理解できた気がするのです。

 

今回僕は、何の実績もないものへの挑戦を肯定してもらいました。

なので、僕も自然と人に対してそうする事ができそうです。

 

考え方が合わない人もいると思います。

だけど、それはそれで仕方ない。

否定はしないけど、そっと離れてまた縁があれば一緒にやればいいかなって思います。

 

そんな気持ちで臨む、わいざん夕方 in 大阪。

あと5名くらい入れますので、是非来て下さいね!

 

【入場無料】DJイベント・わいざん夕方 〜ホントはナイトにしたかった!〜

参加してくれる人は、Facebookイベントページからステイタスを「参加」にしておいて下さいね!

 

今日はクラウドファンディングの収支報告とお礼、そして今の気持ちでした。

最後まで読んでくれてありがとうございました!!!

 

□今日の記事がよかったと思ったらこちらも読んで欲しい!

人を批判する事の本当のリスクとは?

 

□DJわいざんに関する記事はこちら

タグ : DJわいざん