自分でも流れの早さに驚いてる。

6月9日にDJをやる、DJのできるマーケティングコンサルタントになる!

と決めてから3週間。

 

7月5日の四日市、7月7日の広島と、デビューがあっさり決まる。

 

だけど、まだまだ。

これは自分の主催するセミナーと、ゲストで呼ばれたセミナーの懇親会でお願いして時間を取ってもらったもの。

肩書としてDJを名乗るなら、やっぱりお金をもらってこそ。

 

そんな事を考えてたら、大阪でDJとしての単独オファーをもらった。

 

実績もない、まだ人前でプレイしたことすらない…

国内屈指の駆け出しDJに、命知らずのオファーを出してきたのが彼ら。

 

はしづめだいすけ & スコップ

大阪の生野区を拠点として、活動中のふたり。

はしづめだいすけくん(通称:大ちゃん)とは、僕が彼の電子書籍のブログを読んで、興味を持ってつながった。

その後、電子書籍への興味は全くなくなったが、彼への興味は増すばかり。

これって実はすごく大事な事だなって思う。余談だけど。

 

そして、スコップはそのだいちゃんからのつながり。

スタイリストとして、めっちゃキレたセンスを爆発させてます。

ちょっとふたりの活動を見てみましょう。

 

#朝から公園で何やら #怪しくないよ

スコップ 大阪 婚活 宅配靴磨き パーソナルスタイリストさん(@tomoaki.maeda)がシェアした投稿 –

 

おやっ?? 今日スコの後ろになにやら白い人影が (*’▽’*)大ちゃん #守護霊的大ちゃん #短パンデビュー

スコップ 大阪 婚活 宅配靴磨き パーソナルスタイリストさん(@tomoaki.maeda)がシェアした投稿 –

 

#広島 #旅行 #小谷SA #電気自動車 #日産leaf #充電中 #芝生 #前田智章

橋爪大輔さん(@daisukehashidume)がシェアした投稿 –

 

 

 

まぁ、彼らの活動については特にいう事もないんですが…

 

 

ふたりとも、好きな事をして生きてるってのが最高。

やっぱり、同じ時間を過ごすなら、こういう人たちと過ごしたいなって思うこの頃。

とにかく、DJの依頼をもらってデビューです。ありがとう!

 

できるようになってから「やる」のでなく、「やる」からできるようになる

できるようになってから「やる」のでなく、「やる」からできるようになる。

 

この言葉は、だいちゃんのベストセラー電子書籍である、名前忘れたけど二作目の何かに書かれている言葉。

僕は独立後、前述したように電子書籍について興味があって調べてた。

調べてたら、彼のブログに出会い、内容がとても参考になった。

その彼が書いてる電子書籍を読んでみようと思って読んだ。

 

そして、この言葉がとても印象に残った。

この言葉が、ここにきて、めちゃくちゃしっくりきてる。

 

こんな事を書くと、彼は調子に乗りそうだけど、思うものは仕方ない。

この言葉が、ここにきてめちゃくちゃしっくりきてる。

 

そんなだいちゃんと先日、蒲生四丁目のプペル展に行った。

開場前に、近くのモスでDJの事について話してた。

 

やっぱり、楽しい事をするのはいい。

 

こんな事を話してたような覚えがある。とにかく楽しいと。

早くお金をもらって、依頼されてやりたいってアツく語ってたと思う。

 

すると、彼はこう言った。

 

 

「それなら大阪でやろうよ!おもしろそうやん。」

 

 

神かと思った。

いや、実際に神だと思う。

 

DJをやり始めていちばん経験してるのはまさにこれ。

自分が何の実績も、経験もないのに、応援してくれる人がいるという事。

 

不思議だったんだけど、楽しいに従って動いてる人間には、きっとよくわかんないパワーがあるんだと思う。

だいちゃんは、そういう楽しいに従って行動してる人間には優しいんだろうと思う。きっと。

いや、単純に彼がおもしろそうと思っただけなんだろうけど。

 

僕は、独立後に影響を受けたその言葉を、ようやく体現してきた気がする。

できるようになってから「やる」のでなく、「やる」からできるようになる。

一年半たった今、ようやく本当の意味で体現してきた気がする。

 

助けてくれる人がいる

そこから先は彼の出番だった。

DJイベントやろうよ!と、言ったはいいけど、だいちゃんはスコップにまるっと投げる。

スコップは、風貌からもわかるように、その方面に詳しく動きが早かった。

 

一瞬で会場を探してくれて、デザイナーを探してくれて、Tシャツやブースカバーの業者を探してくれて…

開催できる状況を整えてくれた。

 

正確には、まだいろいろ会場の下見を続けてくれ、僕がより満足する会場を探し続けてくれてる。

そして、しきりに楽しくなってきた!と言ってくれてる。

 

好きな事をやるパワーっていうのは本当にすごい。

話がどんどん進んでいき、周りの人も楽しそうにやってくれる。

そのスピードの速さにちょっとビビったりもしたけど、もうやるしかないよね!

 

正直に言うと、未だかつて味わった事のない緊張感がある。

そう考えると、僕はできる事しかやってこなかったんだなぁって思う。

できるようになるまで、努力してやって、できるようになった事をうまくやってたんだなぁと。

DJをやるとノリで言い始めたけど、この学びは大きい。

 

本当にここまであっという間です。

勇気を出して、好きな事をやると人生変わるなって思った。

きっと、これからもいろんな事が変わっていくんだろうなと。

 

わいざんナイト開催

DJイベントの名前は、わいざんナイトにすんなり決定。

悩みすらしなかった。

オリジナルTシャツも作成予定。

ライブでは、みんながこれを着てくれたら嬉しいなと。

 

今回のわいざんナイト大阪は、クラウドファンディングを使ってチケットの販売をしようと思います。

クラウドファンディングを使う理由は、人を巻き込んで一緒に作りたいから。

 

僕が一方的な発信者となって、イベントを作って売るのではおもしろくない。

おもしろくないというより、そんなのだったらクオリティの高いDJに頼んだ方がよい。

DJわいざんという、限りなく未完成でポンコツな商品を、一緒に作り上げていく形を目指す。

これがいい。これが最高だなって考えた。

これを目指すには、クラウドファンディングほど、適してるものはないと思う。

 

クラウドファンディングを単なる資金集めだと思ってる人が多く、残念だなと思う。

僕がDJをやりたいというプロジェクトには、全く大義名分もなければ、社会性もない。

こんな理由でも、クラウドファンディングしてもいいんだって事を世の中に投げかけ、選択肢を増やしてみたい。

 

クラウドファンディングは、信用を数値化したもの。

 

これは、キンコン西野さんの言葉だけど、全くもってその通りだと思う。

信用が数値化される…なんて恐ろしいことだと思う。

だけど、出た結果にはどこまでも正直に向き合いたい。

失敗したとしても、多分大丈夫。出た結果に対して、また行動していけばいいんだから。

 

そんなわけで、昨日からクラウドファンディングの準備をしてます。

ところが、使おうと思ってたキャンプファイヤーというサイトが、リターンを3,000円以下で設定できない。

うーん、どうしたものか。

3,000円以下も設定できるようになったと聞いて、実際に開催中のものに3,000円以下のリターンもあったのにな。

 

リターン金額を下げたい理由は、支援金額より人数にこだわりたいから。

目的は多くの人を巻き込む事。大事なのは金額よりも数になる。

 

だから、1,000円くらいのリターンを作りたいんだけど…

キャンプファイヤーに問合せしたから返事を待ってみよう。

 

というわけで、今日は中間報告。

今日はわいざんナイトの日程だけ先に伝えさせて下さいね。

 

わいざんナイト大阪公演

7月17日(月)17:00~19:00

場所:大阪市内のどこか(駅からのアクセスいいところにします)

 

わいざんナイトという響きから、察しのよい方はお気づきかもしれません。

そう、DJダイノジのジャイアンナイトリスペクトです。

DJダイノジのような、あなたたちの全てを全肯定するDJになりたい。

その為には、自分が全肯定されてDJになる経験をするのが一番早い。

だから、みんなに助けてもらおう。僕がDJになりたいという事を、周りのみんなは全肯定してくれるのか?楽しみです。

 

音楽はノンジャンルで、僕の好きな曲を流します。JロックやJポップが中心になると思います。

17日、予定空けておいて下さいね。

 

□今日のブログを読んで、応援してやろうって方はFacebookやTwitterでシェアしてくれると嬉しいです。

□DJわいざんについて詳しく知りたい人はこちらも読んでね。

DJわいざんの今後について

 

□僕が1年半の年月を経て、影響を受けているはしづめだいすけ君の著書はこちら

 

□はしづめくん関連の記事はこちら

タグ : はしづめだいすけ

 

□DJ依頼、50円にて絶賛受付中!