シンプルに考えて、やっぱりSNSってすごいなって思う。

なのでちょっとブログに書いておこうと思って筆を取りました。

 

どうぞご一読よろしくお願いいたします。

 

営業時代に思ってたこと

僕の前職は楽天トラベル。

そこで、インターネットトラベルコンサルタントという名の、広告営業をやってました。

まぁこれがストレスが多いのか、定着率がものすごく悪くて、僕が在籍していた5年間の中でも沢山の人がストレスで辞めていきました。

 

これは、楽天に限らずどこの会社もそうなんだと思うんですけど、「売り込み」をやらされるストレスなんですよね。

 

僕は、何をやるにしても「本質」がすごく大事で、いつもそれを求めてます。

広告営業として、きちんとお客さんとWIN-WINな関係が築ける営業がしたかった。

 

売り込みって何でやれって言われてるんだろう?って思った時に、これが売れる方法だって思われてるからだと思った。

そこにものすごい違和感を感じたわけです。

 

本質的に、会社は売り込みをして欲しいんじゃなくて、きちんと広告商品を売って欲しいはず。

 

でも、それをやってもらう方法がわからない & 今までそうやってきた。

だから何も考えずに「売り込みしろ」と言ってるんだろうなって思った。

 

これは、お客さんにとっても、働く側にとっても、会社側にとってもよくないなって思った。

 

だって、僕がお客さんの立場だったら、毎回毎回商品の売り込みばっかりしてくる営業だったらどうか?

それはやっぱり、会いたくないなって思うと思ったから。

 

僕は空気をまったく感じ取れない程バカではありません。

お客さんが嫌がってるな、とか、居留守使われてるなとかすぐわかる。

同調圧力が嫌いだから、空気が読めないフリして試しにいろんなことしたりはしますけどね。でもわかってますよ。

 

実際に、この広告商品はこのお宿さんにすごくあってて、いい効果を生むだろうなーって商品もあったんです。

 

でも、そればっかりの話をしてしまうと、人の心理として嫌悪感を示されてしまう。

それもそのはず。やっぱり一緒に仕事をするなら、その人の事を良く知らないとって思いますもんね。

 

その人の個人的な部分。例えば、僕は何が好きで何を大切にしてるかとか。

そういう話を積重ねていく事で、初めて自分の案内したい商品の話を聞いてくれるんだなって思った。

 

僕は、「商品を案内する」ことがしたいのではなく、「商品をきちんと伝える」という事が本質だと思ったんです。
そう考えると、「売り込み」は案内するという目標は達成しても、全然伝わらないなって思った。

 

仕事と全然関係ない自分の事を話す営業

伝えるには、自分を知ってもらう事が必要。

そう考えた僕は、とにかく全然仕事に関係ない話をしまくった。

 

この頃は、数字も意識してたので(会社から給料をもらってたからね)どのくらいの雑談をしたら、目標が達成できるかをまず考えた。

 

数字に縛られるのって、いきすぎはよくないけど、適度な負荷は行動の原動力になるから僕はいいと思う。

この時、まったく目標が無かったら僕はこういう事を思いつかなかったと思いますし(笑)

負荷があるから人は進化するんだと思います。

 

お客さんに電話して、自分の数字を達成するのにどのくらいの雑談が必要かを考え、とにかく話しまくる…

 

これが、実はめちゃめちゃ楽しかった(笑)

電話して、競馬の話したり、漫画の話したり…数字は絶対落としたくなかったんで、その量はハンパなかったですよ。

だって、どのくらいで信頼してもらって、仕事の話ができるかはわからなかったから。

 

楽天の目標は高いです。甘くはない。だからこそ、めっちゃ電話した。

 

夜勤の人のシフトとか調べて、夜中も電話していい時間を確認して電話しまくった。

おかげで、たくさんのお客さんと仲良くなって、仕事の話もできるようになった。

 

ちゃんとお客さんに伝わる状況を作れました。こうなると、売り込みとも思われないし、ストレスにもならない。

でも、この状況を維持するにはかなりの行動量が必要だった。全然苦じゃなかったから、それはいいんだけど。

 

SNSって本当にすごいと思う

話が逸れたように思えますが、SNSって本当にすごいなって話。

今日はそれを書きますねって言って書き始めたこのブログ。

 

何がすごいかわかりましたか?

 

勘のよい方はお気づきかもしれませんが、SNSで自分の個を発信しておけば、ものすごく効率的に僕が楽天の時にやっていた事ができるのです。

 

僕は、あの当時本当にめちゃめちゃ電話してました。1日50本~70本くらい。

 

全然関係ない話をしてたから、最初の頃は「お前、仕事しろよ」的な目で見られるし、いろいろ大変だった。

効果出るって自信あったから、全然気にしてないようにしてましたけど、多少は傷ついてましたよ(笑)

 

SNSは、それがあっという間にできてしまう。

 

僕が、電話してお客さんにこんな話をします。

「今日、お昼に〇〇のラーメン食べたんですよ~それがめっちゃ美味しくて!今度広島に来た時に行きましょうよ!」

 

こんな話をひたすらするわけです。

それがSNSでつながってると、1回の投稿で何人もの人に伝えることができるんです。

 

しかも、写真や動画付きで伝える事も出来る。

目の前で起きた事を、その場で写真にとって伝える事ができる。

 

こんな事、数年前はどうがんばってもできなかった。

 

僕が求めていた本質を、SNSは一瞬で追及できてしまう。

 

伝わってますでしょうか?

 

僕は、リアルもSNSも本質は同じだと思います。

だから、SNS歴は浅いけど、行動していけば結果はついてくるって信じてやってます。

 

もちろん、先に道なき道を切り拓いてくれてる先駆者たちの発信もしっかり見て、本質を考えながら。

 

それにしても、写真をいれないでブログを書くと、あっさり書けてしまう(※写真追加しました)

これからは、文章を先に書いて、元気だったら後から写真を入れるようにしようと思いました。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

◆お知らせ
四日市にてSNSの座談会とセミナーを開催します。SNSの使い方に悩んでる方は、是非お話ししましょう!

・6月2日
緊急SNS座談会 in 四日市

・7月5日
ビジネスを変えたいあなたに!本気のSNS活用セミナー