お詫びとご報告になります。

今年の5月27日からスタートした、表題の企画。

「間違いなく安全な食を届けようプロジェクト」ですが、前回のスティックセットの販売を持って終了となりました。

 

購入いただいた方から、続けて購入したい…次回からはどう買えばいいの?

とのご連絡をいただいていたので、非常に申し訳ないのですが。

 

応援の意味を込めて、購入してくださった方もいらっしゃるかと思います。

本当に申し訳ございません。

 

今回の企画を通じて、SNSで有機野菜を販売することの難しさ、自然を相手にする農という仕事の難しさを知りました。

その反面、SNSで商品を売る事のポテンシャルを知りました。

 

まさか、いきなりこんなに反響があるとは思いませんでした。

楽天やAmazonのようなサイトを通さずに、個人で魅力を伝えれる時代。

購入してくれた人がSNSに投稿することから広がる反響。

 

そして、購入してくれた人はほぼ、いつも関係性がある人たち。

または、その関係性がある人たちが勧めてくれた、友達の友達のような人たち。

 

影響力は広がっていくんだなって事を体感できました。

 

 

想いとしては、全く変わりません。むしろ強くなりました。

地方の農家さんと、安全な食を求める消費者をつなぐ役割をやってみたいという気持ち。

 

いったんは終了となりますが、またこれから機会があれば、チャレンジしようと思ってます。

(誰か有機野菜作っていて、SNSに理解ある農家さんを紹介してくれないかなぁ)

 

最後に。

応援してくれた皆さま、このプロジェクトにかかわってくれた皆さま。

本当にありがとうございました!!

 

□このプロジェクトに関する過去記事はこちら

安全な食を届けるプロジェクト